最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2015年9月25日 (金)

1億総活躍社会実現に1億総活躍知財が必須

年齢・性別・所在を超える活躍能力発揮可能化の知財
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
昨日、中国の習主席が米国ボーイング機の爆買や工場立地の現実計画で、米国の雇用増を即実現すると共に、ボストン地下鉄車両納入の成約やトップホテル買収などでも示された中国の進出を踏まえて、米国で西部ではビル・ゲイツ氏始めIT巨頭と懇親するなど、今日のオバマ大統領との会談に先立ち、米国国民の人気を昂揚しているが、一方、安倍総理は昨日「1億総活躍社会」で経済最優先と力説し、今日以降の米国副大統領やロシア大統領との会談で米国における外交成果を示す。知財専門家としては先ず、「1億総活躍社会実現」には「1億総活躍知財開発」が必須の前提であることを正財官民挙げて認識し実践すべきであることを強調し、その実現を実践すべきである。例えば、高齢者も「活躍」するためには、加齢に伴う必然的な視聴力の減衰を補完する会議発言即字幕の機器を革新整備すること、出産育児との両立のため在宅勤務容易化のシステムを革新開発することなど。米国ボストンの地下鉄車両納入は中国企業が勝ち、中国資本の投入が米国内で加速している現実も改めて認識し、認知老人大多数のわが国社会が1億総活躍社会であるための1億総活躍知財の開発とその利活用に即時・最優先で取組むべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)