最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2008年12月19日 (金)

ISETAN Gets High Service Japan Prize 

伊勢丹等、「ハイ・サービス日本賞」を受賞(経済産業省2008-12-18発表)

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ 

 経済産業省(担当:商務情報政策局サービス政策課)は、サービス産業のイノベーションや生産性向上に役立つ先進的取組事例として、伊勢丹など300企業を表彰すると発表した(2008-12-18)

 伊勢丹については次のように述べている(SANARI PATENT要約)

(1)   伊勢丹会員として入会即日からの、5%割引優待制度や、前年利用額に応じた優待率の適用などで、口座数160万を誇る「伊勢丹アイカード」から得た顧客情報と、POSレジを利用して「顧客商品分析システム」を開発した。

(2)   流行や気候、気温など変動的な要因に大きく左右されるファッションビジネスにおいて、バイヤーの判断やセンスという属人的な要素だけでなく、「顧客の好みや用途」に応じた売り場づくりに取組んでいる。例えば、ファッションに関心の高い男性顧客をターゲットにしたメンズ館には、コスメティックやジュエリーコーナーも設けている。

SANARI PATENT所見

 伊勢丹のアイカードにはVISAがセットされているので、例えば四谷3丁目の生鮮食品主体スーパー「丸正」にも伊勢丹アイカードでパスできる。

シミック株式会社(東京:治験サービス)については次のように述べている(SANARI PATENT要約)

(1)   日本で最初のCRO(医薬品開発受託機関)として、製薬業界に臨床試験のアウトソーシングの概念を持ち込み定着させた。

(2)   現在では治験を行うのに不可欠な存在となった治験医療機関を支援するCRC(治験コーディネータ)業務の事業化など、医薬品開発における臨床実験の効率化、迅速化に寄与した。

(3)   PVCPharmaciutical Value Creator)を標榜し、製薬会社の企業価値最大化に貢献すべく、幅広いサービスを展開している。

SANARI PATENT所見

 医薬品の商品化までには、研究開発、特許取得、毒性試験、臨床試験などの高経費かつ長期にわたる過程を要する。佐成重範弁理士が8年間、常勤監事を務めた食品薬品安全センターも動物試験にとどまったが、霊長類をもってしても、人体への作用を全て判断することはできない。臨床試験{人体への適用}が適切、効率的に行われることの重要性を痛感してきた。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

High Service、ハイ・サービス日本、伊勢丹、臨床試験