最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« フィンテック、日銀の討論会、経済産業省の検討会合、その総合は? | トップページ

2016年8月27日 (土)

レアメタル、会議中のアフリカと中国、大鳥島海底、もっと近く都市鉱山

弁理士 佐成 重範  GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

レアメタルの確保は今後の技術革新の必須要件だが、地政学的な世界埋蔵分布は極めて不均衡であり、わが国財界50社同行の安倍総理主催、進行中のアフリカ54国の一部のほか、予て国際問題化もした中国西部、そしてわが国では最近、大鳥島1000km超の海底分布が発見されたところだが、最も身近な存在は、全国 廃家電の集積によるレアメタル回収である。従ってSANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・産業技術環境局リサイクル課)によれば経済産業大臣および環境大臣は此の程、「小型家電リサイクル法に基づく再資源事業計画を認定した」。使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律に基づく認定で、使用済小型家電に利用されているレアメタル等の再資源化を目的としている。今回認定されたのは、茨城県のツルオカ、青森県の青南商事、千葉県のオリックスの3社で、収集区域は所在県を含め広域だが、従来認定された会社を含めて51社に達し、収集区域も全国に拡大しつつある。

佐成重範弁理士所見→レアメタルの極力低廉な確保が望まれる。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« フィンテック、日銀の討論会、経済産業省の検討会合、その総合は? | トップページ