最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 実例:社会福祉選択で価値観合意、老年医学会・新指針の重大価値 | トップページ | 福島イノベーション・コースト構想の促進事業を経済産業省採択 »

2016年8月12日 (金)

中国構造革新、工業・エネルギー・人工知能を経て流通、映画や拡張現実文化へ

弁理士 佐成 重範  GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

中国のレアメタル統制や、鉄鋼の大量輸出、エネルギー開発を経て、中国独自のコンビニビジネスメソッド展開など流通革新が進み、TV東京WBSが報ずる映画産業の急成長が、中国の文化革新を、中国知財の独自性をもって確実に奏功しつつあるとSANARI PATENTは考える。既に中国のスクリーン数は3万2000に及び、映画市場の規模は世界第位、日本の4倍に達したが、中国の人口規模と海外展開能力から察すれば、日本の10倍を超えることも予想される。映画産業の育成は中国国策として政府補助金の交付や、ロケ地整備における中国軍隊の動員、俳優の使用や演技内容の検閲規制・上映許可制による、香港を含む海外映画の流入抑制によって加速され、中国標準語の普及や中国国民国家主義の確立に有効であることは明白である。

佐成重範弁理士所見→翻って中国現政権下における中国の構造革新の経過を見ると、例えば鉄鋼の生産は品質の確保とコストダウンの徹底によって国際競争力が極めて有利となり、他国の鉄鋼生産を圧迫する対外輸出となったが、国際主義的国民国家主義の現世界体制で、国際主義の在り方を輸出入相互自由化による各国輸入鉄鋼の低廉化利益提供とも見得る。米国大統領候補はトランプ・ヒラリーいずれも保護主義・TTP反対的と報じられているが、これは国際杉的な国民国家主義の国際主義の多様性となるから、反応は別論である。中国が工業革新を経て流通革新、ロボット・人工知能・仮想現実等の知財を海外ベンチャー等の知財の買収を含めて急速に達成し、映画産業急展開による標準語全土徹底や中国独自の国際主義的国国家主義民を強力に促進しつつあることを、ローソンの中国進出や不二越ロボットの中国深耕計画などの成功を見守りつつ、注目すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

 

« 実例:社会福祉選択で価値観合意、老年医学会・新指針の重大価値 | トップページ | 福島イノベーション・コースト構想の促進事業を経済産業省採択 »