最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ビッグデータ分析コンテスト開催、経済産業省 | トップページ | 週刊文春対週刊現代、診療適否の毎週連続予告 »

2016年7月15日 (金)

スマートセルインダストリー新潮流を経済産業省報告

弁理士 佐成 重範  GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

バイオテクノロジーが生み出す新たな潮流、スマートセルインダストリーの幕開けと題して、産業構造審議会が検討してきたが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局生物化学産業課)によれば経済産業省は此の程、その中間報告をまとめた。バイオテクノロジーが健康・医療分野のみならず、工業・農業の諸分野を含めて、経済・社会の大きな推進力となりつつあることに対処するもので、スマートセルインダストリー、すなわち、高度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された生物細胞を用いた産業群を生み出し、非連続的な技術革新の進展を促す戦略意図がある。

佐成重範弁理士所見→スマートセルインダストリーの展開はグローバルに急速化するから、わが国が、日本の取組を活かした戦略的基盤の整備、スマートセルインダストリーの社会実装の加速化、オープンイノベーションの促進、スマートセルインダストリーの社会・制度環境の整備に、経済構造革新の新政策(近日、内閣決定)においても重点志向すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« ビッグデータ分析コンテスト開催、経済産業省 | トップページ | 週刊文春対週刊現代、診療適否の毎週連続予告 »