最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 放熱性シート材料の熱拡散率測定方法など、新市場創造型標準化対象に | トップページ | スマートセルインダストリー新潮流を経済産業省報告 »

2016年7月12日 (火)

ビッグデータ分析コンテスト開催、経済産業省

弁理士 佐成 重範  GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

ビッグデータの分析と活用が、国政の経済構造革新上も、企業のプロジェクト創出上も、核心技術として重要だが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局情報経済課)によれば経済産業省は、来る9月1日を期限として、ビッグデータ分析コンテストへの参加を募集する。同省のIoT推進ラボが実施主体であるが、IoTを活用した先進的なプロジェクトの創出・社会実装に向けた取組の一つとして行うものだが、IoTAI・ビッグデータの技術進展により産業構造や社会構造が大きく変化する情勢のもと、わが国でのIoTを活用した先進プロジェクトの創出・社会実装を目指し、業界横断的なルール形成の環境整備に向けた実証事業と、その前提となるフィージビリティスタディに取組んでいる。

佐成重範弁理士所見→参院選後のアベノミクす加速には、財政活動と共に経済構造革新が必須であり、ビッグデータの官民活用が促進されるべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 放熱性シート材料の熱拡散率測定方法など、新市場創造型標準化対象に | トップページ | スマートセルインダストリー新潮流を経済産業省報告 »