最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 社会構造変革関連産業政策部局新設の緊要性 | トップページ | 芝浦工大大学院の白田佳子・元教授、菱電商事社外取締役に新任予定 »

2016年6月18日 (土)

日経WBSトップニュースに江崎グリコ・ロカボ活況の極重要意義

弁理士 佐成重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

昨深夜のWBSのトップニュースがロカボの活況で。そのトップバッターとして江崎グリコが華麗に登場したことは、同社にとって寄与大はもちろんと思うが、SANARI PATENT先ず、生活習慣病の予防上、現下、最重要とされる糖質制限の極めて有効な方法として、ロカボ(糖質制限食)が、既に江崎グリコ・ロカボ製品をはじめ諸社によって人気上昇のところ、その流行が加速することのわが国民健康維持の重要な国勢に大寄与するものとして、絶賛する。先日のWBSがビール業界について、ドイツではノンアルコールビールの盛況が、ドイツ国民の生活習慣病予防意識の高揚として放映され、わが国でも、癌その他の治療技術先端研究開発のみでなく、まず、生活習慣病予防の第一要件である食生活の定型化に、標記ロカボ放映が寄与すことを切望する。蛇足だが、昨深夜のWBSは、テクシー運賃の体系改正が、近距離利用を促進してタクシ業界の全体収入安定には寄与する可能性を述べたが、生活習慣病予防には、ロカボと共に「運動」が極めて重要だから、その辺も総合理解すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 社会構造変革関連産業政策部局新設の緊要性 | トップページ | 芝浦工大大学院の白田佳子・元教授、菱電商事社外取締役に新任予定 »