最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スポーツ産業、「コストセンター」から「プロフィットセンター」へ | トップページ | 日経WBSトップニュースに江崎グリコ・ロカボ活況の極重要意義 »

2016年6月16日 (木)

社会構造変革関連産業政策部局新設の緊要性

弁理士 佐成重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

一億総活躍社会の実現はわが国経済産業の再興のためにも、国民総福祉のためにも最も望ましいが現実は、要介護の高齢人口とのの介護ににより積極的経済産業活動から遮断される人口が千万人単位で累増し、また、国民の半数が癌患者となって、その家族の経済産業活躍を妨げる現象が身近である。福利厚生予算の累増が財政を抑圧し、金融政策も奏功しない現況とも見られる。決定的破綻を、2年前までは「絆」が支えてきたとも言えるが、朝日紙の大紙面を占めるベストセラー新書の広告も、幻冬舎の「もう親を捨てるしかない」(島田裕宏巳宗教学者)が「家制度が完全に崩壊し、家族が弱体化形骸化した現代、親と子はどう向き合えばよいのか」の答えを「親を断捨離!」とし、同紙社会部の「母さんごめん、もう無理だ」も幻冬舎で増刷を重ねている模様である。朝日紙読者からも、市村公一・精神科医は「夫源病」に続いて「孫源病」の深刻化を警告し、「私の鬱の原因は任された孫の世話です」などの叫びを引用している。一億総活躍社会の実現に逆行するこれらの社会構造変革要素に対して、経済産業構造の革新はどのように対処すべきか、介護状態の予防や、高齢化による機能減退の補完による社会福祉負担の合理化をどのように達成できるか、社会構造変革関連産業政策部局新設の緊要性を、SANARI PATENTは強調する。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

 

« スポーツ産業、「コストセンター」から「プロフィットセンター」へ | トップページ | 日経WBSトップニュースに江崎グリコ・ロカボ活況の極重要意義 »