最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 大和ハウス工業が経済産業省東証の「攻めのIT銘柄」に選定 | トップページ | スマートセルインダストリーによる潜在的生物機能の抽出 »

2016年6月11日 (土)

地方版モノインターネット(IoT)推進ラボで地域革新

弁理士 佐成重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

モノインターネット(IoT)、ビッグデータ、人工知能等の発展によって、社会・生活・産業共に急速に変革し、データを活用する新たなサービスなどが続出している。従ってSANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局情報処理振興課)によれば経済産業省は此の程、地方版モノインターネット(IoT)推進ラボの案件募集を開始した。既に産学官連携のモノインターネット(IoT)推進ラボが設立され、個別のモノインターネット(IoT)プロジェクトを発掘選定」して、企業連携・資金・規制の面から徹底的に支援すると共に、大規模社会実装に向けて規制改革・制度形成の環境整備を行っているが、このような取組を地方にも拡げて、地域におけるモノインターネット(IoT)プロジェクト創出のための取組を支援するものである。

佐成重範弁理士所見→支援の内容は地方版モノインターネット(IoT)推進ラボのマークの使用権付与、メルマガやラボイベントによるモノインターネット(IoT)推進ラボ会員への広報、地域のプロジェクト・起業の実現発展に資するメンターの派遣であって、実効性に富み、第一弾選定への応募期限来る7月6日を目指して、積極的な応募が地域創生の熱意を示すことを期待する。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

 

« 大和ハウス工業が経済産業省東証の「攻めのIT銘柄」に選定 | トップページ | スマートセルインダストリーによる潜在的生物機能の抽出 »