最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ビックカメラ最高益更新、スマホアプリ・国内外需・中国ICC提携・ビックドラッグ | トップページ | TPPの今後、「医薬品許可・特許連携制度」は日本において? »

2016年5月19日 (木)

グローバル経済産業の動向把握、経済産業省の生産動態速報に大関心

弁理士 佐成 重範  Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com 

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat 

来る伊勢志摩G7においてもグローバル経済産業動向への各国対応が最重要な課題となるが、経済産業省生産動態統計時系列表(2016-05-181100分更新)は、統計解析数値として、その最新性に特段の注目が見られる。この列表に先立ち、経済産業省生産動態統計3月分確報は2016-05-171330分に公表されている。製品月報としては、2018-05-171330分に、鉄鋼・非鉄金属・金属製品・汎用生産用業務用機械・電気電子スパイス情報通信機器・輸送機械・窯業土石建材製品・パルプ紙板紙段ボール紙おむつ・化学工業・ゴム製品プラスチック製品・繊維工業その他の工業・鉱業石油石炭製品の各動態、原材料統計・労務統計・生産能力統計として同時刻に、接続系数表と共に示されている。

佐成重範弁理士(元通産省調査統計部統計解析課総括班長)所見→「動態統計」として月報性と迅速性の双方を具備し、世界の諸統計のうちでも極めて優秀な統計であるが、その「解析」が、政策と企業行動に繋がる態様が全国民、および、グローバルな関心の的である。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

 

« ビックカメラ最高益更新、スマホアプリ・国内外需・中国ICC提携・ビックドラッグ | トップページ | TPPの今後、「医薬品許可・特許連携制度」は日本において? »