最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« G7財政出動強調に先立つべき医療国費合理化 | トップページ | 食文化の多様化多元化独創化と表裏、新厨房機器の活況 »

2016年5月10日 (火)

タクシーメーターのネットワーク化のための電子的封印を加速

弁理士 佐成 重範  Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com 

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

カーシェアの合理性がグローバルに実現など、タクシー業界にも革新の波が及びつつある折柄、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局産業機械課)によれば経済産業省は、タクシーメーターのネットワーク化のための電子的封印の要件を明確にし、産業競争強化法のグレーゾーン解消制度を活用して、その利用を促進する。電子的封印については、機械的封印との同等性を確保する必要性があり、その要件として「タリフ定数の変更について、変更者および日時を含む過去1年分の表示が、各タクシーメーカーにおいて容易に閲覧できること」「電子的封印が、計量法の届出製造事業者または届出修理事業者以外の者によって解除された場合に、適確に把握できるような表示があること」電子的封印が働いていないときは、メーターの機能が停止すること」が今般明治されたことも、今後の関連知財開発上、重要である。

佐成重範弁理士所見→経済産業省が上記措置により、料金体系等を電子的に低コストでっ変更することが可能になると共に、タクシーメーターがスマホなどの多機能端末に一体化されることによって、リアルタイムでの運行管理による業務効率化やタクシーメーターを起点として様々な運行サービスの創出が期待され、産業競争力の強化に役立つとしているが、トランプ米国大統領候補の、「日本車輸入関税を農産品見合いで引き上げ、日本自動車メーカーの米国内立地を歓迎」という、世界主義的国民国家主義への米国新政策案による環境変化においても、上記方向性は重要である。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« G7財政出動強調に先立つべき医療国費合理化 | トップページ | 食文化の多様化多元化独創化と表裏、新厨房機器の活況 »