最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 伊勢志摩サミットのカーボン・オフセット協力企業を公募、期限来月27日 | トップページ | 中国政府の「緑色二星」環境評価をイオンモールが取得 »

2016年4月28日 (木)

芝浦工大校友会・全国総会懇親会通知の盛大と、マスコミ報の文系不要論

弁理士 佐成 重範  Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com 

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

す恒例の芝浦工大校友会・全国総会懇親会通知(来る6月11日)が届いたが、その会員1万名余の東京総支部の組織基盤も益々強化し、通知の態様自体が逐年盛大の趣向を加えていることは、日本産業今後の革新発展のためにも慶賀される。文系大学のマスプロと異なり、工学系の高コストを超克して、芝浦工大が産業界のニーズにも即応し、中堅企業を含めて、卒業生の社長等、経営幹部層にも地位を確立・拡大していることが、校友会の盛大化に反映している。ちなみに、今月新刊された「実践としてのプログラミング講座」(清水 亮氏・中央公論社)が「なぜプログラマ出身の経営者が今、求められ、増えているのか」説明し、マイクロソフトのビル・ゲーツ氏、アップルのティーブ・ジョブズ氏、スマートニュースの鈴木 健氏、カドカワの川上量生氏等、プログラマ出身経営者の組織・計画立案資質に着眼していることが注目されるが、中国を含めて、ドイツ・英国など理系政治家トップも多く、プログラマそのものでなくても、if thenのプログラム構文による政策・戦略立案が実質的にその有能を支持している。関連して上記・清水氏は、「文系不要論」は不可との論説も述べているが、これは「文系不要」の語義を解読し損なったもので、「産業社会のニーズに適合しない文系大学・学部の減少」の意味だから、理系大学に文系講座を付設して、政治経済社会知見をも具備した理系人材を育成することこそ、国費助成にも値いする大学の「在るべき構成」であり、芝浦工大が、これら文系講座にも注力していることが、実業界での卒業生基盤を鞏固にしてきた源泉である。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 伊勢志摩サミットのカーボン・オフセット協力企業を公募、期限来月27日 | トップページ | 中国政府の「緑色二星」環境評価をイオンモールが取得 »