最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 知的財産権活用企業事例集2016の刊行、特許庁が78社紹介 | トップページ | 小売店内の多言語表示ガイドライン、経済産業省策定 »

2016年4月 1日 (金)

今日から電力小売り全面自由化、日本卸電力取引所の業務規程も認可

弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/manepat

電力小売の全面自自由が今日から実施だが、これに伴って、電力市場への参加者や取引形態が多様化することは必至で、卸電力取引所は、これまでよりも重要かつ態様の異なる役割を担うこととなる。従ってSANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・資源エネルギー庁電力・ガス事業部政策課電力市場整備室)によれば経済産業省は、一般社団法人日本卸電力取引所から提出された業務規程の認可申請書について、法令等に定める要件に基づき、卸電力取引市場の開設等の業務を公正かつ適確に実施する上で適当と認め、電気事業法に基づく指定法人として認可した。

佐成重範弁理士所見→都市ガスをも含めた全面自由化は来年だが、電力の段階で既に、東ガス・大ガスなどの電力市場参入が実現し、その他の多様な業域からの電力市場参入と相まって、エネルギー小売市場の業態は著変する。生活者も、スマートハウスなど次世代生活のエネルギー面を知財発揮の場として、次世代の勝者たるべく、的確な選択をすべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 知的財産権活用企業事例集2016の刊行、特許庁が78社紹介 | トップページ | 小売店内の多言語表示ガイドライン、経済産業省策定 »