最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シャープ・鴻海交渉に関する多様な視点 | トップページ | 知的財産権活用企業事例集2016の刊行、特許庁が78社紹介 »

2016年3月27日 (日)

GEO TECHの O2O展開、企画・配信・効果測定の一貫提供も

弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

HubSite  http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/manepat

フィンテックの多様な展開が広汎かつ急速に進行する折柄、GEO TECH 今次事業報告は、創業以来9期連続の増収増益達成を示した。今年は更に、「スマホに特化した成果報酬型広告、ソーシャルネットワーク広告を中心とするインターネット集客サービス、スマホアプリ作成ツール提供とリアル店舗への集客支援に、注力する」旨を、GEO TECH鈴木明人社長は述べている。既にGEO TECH は、「アプリ導入型課金広告、検索エンジン最適化が主。ネットと店舗を結ぶO2Oを育成」と特色づけられ(会社四季報)、「スマホの成果報酬が着実。検索結果最適化は底堅い。企画・配信・効果測定までの一貫提供サービスを開始。集客支援アプリ」は、顧客の要望に対応して機能性の拡充を進める」(同)と高評価されている。

佐成重範弁理士所見→オンライン・オフライン(O2O)というキーワードが注目を集めてから時日も経過し、ネット・リアルの相互連携を示す用語、すなわち、ネット・リアルとリアル・ネットの双方向性を示すに至ったが、その具体的態様における独創の発揮に、企業の進運が託される。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« シャープ・鴻海交渉に関する多様な視点 | トップページ | 知的財産権活用企業事例集2016の刊行、特許庁が78社紹介 »