最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« GEO TECHの O2O展開、企画・配信・効果測定の一貫提供も | トップページ | 今日から電力小売り全面自由化、日本卸電力取引所の業務規程も認可 »

2016年3月30日 (水)

知的財産権活用企業事例集2016の刊行、特許庁が78社紹介

弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

知恵と知財を武器として様々な分野で活躍している中小企業78社の取組事例を紹介した知的財産権活用企業事例集2016を刊行した。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・特許庁総務部企画調査課)によれば「この事例集は、参考となる先進的な事例を分野別に整理し、知財キーワードごとにインデックスを付け、ニーズに合った事例を検索し易いように工夫している」。わが国にとって不可欠なイノベーションの創出や地域経済の活性化において、中核的な役割を担い、日本経済の根幹を支えているのは中小企業であり、多くの中小企業が創意工夫を重ねて、新技術を生み出し、知的財産として武器とすることにより、市場を獲得・拡大し、更には世界を舞台に活躍しているという認識に立脚している。中小企業の経営や者知的財産関係者が新たな取組に挑戦する際のヒントとなることが期待されている。

佐成重範弁理士所見→知財キーワードインデックスとしては、支援策活用、資金調達、ブランド力向上、特許情報活用、社員への報償、知財体制、海外展開などを含み、実用に適する。例えば、株式会社龍角散(都千代田区)について「海外市場における差別化・優位性を保つには、独自商品の開発成果やネーミングが重要」と表題して、「同社では、経営陣のみならず、全社員が龍角散のパブリシティや伝統的ブランドを知的財産権で護ることの必要性を十分に理解し、特に、オリジナル性の高い主力製品は、開発の成果がネーミングが、海外市場での差別化や優位性保持に重要であるポイントを、明確に記述している。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« GEO TECHの O2O展開、企画・配信・効果測定の一貫提供も | トップページ | 今日から電力小売り全面自由化、日本卸電力取引所の業務規程も認可 »