最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 全国創業スクール選手権受賞者のビジネスプランテーマ | トップページ | 産業構造審議会のIT利活用ビジネスルールのワーキンググループ »

2016年2月29日 (月)

2020年・4万4千エクサバイトに10倍増するデータ技術動向、経済産業省第4次産業革命研

弁理士 佐成 重範 Google/Yahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://bit.1y/a1ftXo

知財他サイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/manepat

経済産業省の第4次産業革命研究会は、今月は既に2回にわたる会合で検討を深化しているが、前回(2-016-02-24)は先ずデータを巡る技術動向について、「データ量の増加、処理性能の向上、人工知能の非連続的進化の急速な進展」「第4次産業革命の進展に当たって、ぉれらコア技術を含め、戦略的な技術開発・効果的な利用拡大が国際競争の勝敗を決する可能性」を再認識し、次の事実と予測に先ず着眼している。「データ量の増加→世界のデータ量は2年毎に倍増し、20134400エクサバイト(エクサバイトは10の18乗バイト)が2020年には4万4000エクサバイトに著増する」「処理性能の向上→ハードウェアの性能は、指数関数的に進化し、最先端スパコンの演算速度は2020年に680PFLOPSに達する」「人口知能の進化→ディープラーニングにより人工頭脳技術は非連続的に発展し、画像・動画の認識と異常検知・将来予測の現状次元1から、3~5年後には次元2の、試行行動を伴う異常検知・仮説生成・高度シミュレーションに達し、5~10年後には次元3のさらに高度革新段階に及ぶ」。

佐成重範弁理士所見→第4次産業革命の特徴は、上記データ量処理の跳躍的革新により、その人工頭脳等による活用が新たな付加価値の源泉になることと認識すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 全国創業スクール選手権受賞者のビジネスプランテーマ | トップページ | 産業構造審議会のIT利活用ビジネスルールのワーキンググループ »