最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« みんなのロボットプロジェクトを開始、経済産業省 | トップページ | 第4次産業革命の横断的制度、経済産業省研究会年初発足後 »

2016年2月13日 (土)

未踏会議2016を開催、経済産業省が未踏IT人材の活躍促進

弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site  http://sanaripatent.blogspot.com

知財他サイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/manepat

経済産業省所管の情報処理推進機構では、未踏IT人材発掘育成事業に取組んできたが、あらゆる産業分野でモノインターネットによるビジネスモデル革新が期待される趨勢のもと、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報産業局情報処理振興課)によれば経済産業省は来る3月10日、恵比寿ガーデンプレイス向かいのアクトスクエアにおいて未踏会議2016を開催する。3-10という日取りは、「みとう」である。モノインターネットの先進的なプロジェクトに取組む企業から、未踏IT人材というべき卓越した能力を持つ人材が企業で果たす役割を、このような人材によるパネル討議やプレゼンで表明し、人材と企業のマッチングを達成する。

佐成重範弁理士所見→経済産業省は、マッチングできていない未踏IT人材が、全IT人材の9割にも及ぶと見ているようだ。ITを駆使してイノベーションを創出できる独創的なアイデアと技術を有すると共に、これらを活用していく能力を有する優れた個人、すなわちITクリエータを、上記シンポのインターネット中継をも動員して、企業需要とマッチングさせる経済産業省の意図は、産業社会が挙って賛同するところである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« みんなのロボットプロジェクトを開始、経済産業省 | トップページ | 第4次産業革命の横断的制度、経済産業省研究会年初発足後 »