最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 一億総活躍への挑戦に企業案の続出、三菱地所・資生堂 | トップページ | 医薬副作用認識の周知は十分か? »

2016年1月28日 (木)

FinTeckビジネス国際動向の日本への示唆、経済産業省研究会討議

弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

知財別サイト http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

FinTeckを活用するビジネスをどのように展開すべきか、業種と企業規模のいかんを問わず、模索と即行が交錯」しているが、経済産業省FinTeck研究会の今月会合(2016-01-20)では、FinTeckビジネスの国際的にな動向と日本への示唆について、「FinTeckビジネスの環境について、日本と海外との違いは何か。また、そおの違いから得られる日本への示唆は何か。日本のFinTeck産業の育成強化のため、どのようなアクションが求められるか」を考察する視点から、FinTeckビジネスを取り巻く環境についての日本と海外の違いについて、市場ニーズ・国民性・ビジネス動向、技術・インフラ(スマホ普及率・通信ネットワーク・金融システム)、政策の方針と実施動向を考察すると共に、日本のFinTeck産業を国際市場で競争力あるものにしていくため、政府・企業は何をなすべきかについて、教育・技術開発の強化、オープンイノベーションの推進、規制の在り方、日本のFinTeck企業の海外展開の諸視点から考察を進めている。例えば米国におけるFinTeckの状況については、2005年からFinTeckという言葉がインターネットに登場しているが、2014年以降、急速にFinTeckという言葉が金融業界におけるテクノロジー系ベンチャー企業を表す言葉として米国を中心に用いられるようになる(米国ウイル社・伊佐山元氏・岩上好博氏)・経緯が認識された。

佐成重範弁理士所見→FinTeckに該当するかどうかの詮議より先ず、多様化する金融機能におけるIT技術の高度かつ安全な活用が競争場裏で展開している現実に着眼すべきである。

(記事訂正のご要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« 一億総活躍への挑戦に企業案の続出、三菱地所・資生堂 | トップページ | 医薬副作用認識の周知は十分か? »