最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« テクノロジストコンサルティング株式会社の新春抱負 | トップページ | クラウドファンディング、その善意機構性とフィンテック機構性 »

2016年1月 8日 (金)

企業単位の規制改革・グレ-ゾーン解消制度、申請64件・実行60件

弁理士 佐成 重範 GoogleYahoo検索 SANARI PATENT

Hub-Site http://sanaripatent.blogspot.com

一般的に課されている法規制について、産業競争力強化法によって特例的に個別にグレーンゾーン解消して、法規制を受けない、いわば無違反・安心ベースの事業をなし得るように制度化されているのだが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・経済産業政策局産業構造課)によれば経済産業省は「企業単位の規制改革」と題して、その申請状況と認定状況を、申請64件・うち中小企業39件、規制非該当認定60件・うち中小企業39件と集計した。

佐成重範弁理士所見→昨年1012月に認定された事業内容を見ると、電子記録債権を利用した資金調達手段の多様化、人間と動物の総合ヘルスケアサービスの提供、残留洗剤ゼロを目指す洗濯用具の提供、唾液を用いた歯茎の健康の郵送検査サービス、休養サポートを目的とした衣料商品の展開など、「企業単位の規制改革」の本旨に即する有用有益性が顕著と考えられる。

(記事訂正のご要求は sanaripatgmail.com に御送信下さい。発信者不明のコメントは辞退します)

« テクノロジストコンサルティング株式会社の新春抱負 | トップページ | クラウドファンディング、その善意機構性とフィンテック機構性 »