最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マスコミの典拠記事、今朝の朝日「アベノミクス・経済産業省主導」と来週号週刊文春「秋篠宮五十の天命に動く」 | トップページ | 冠婚葬祭の革新モデルに牧師僧侶サービスのインターネットご依頼 »

2015年12月 7日 (月)

技術援助実績とインフラ導入時条件の思惑相違

ベトナム原子力発電建設を例示しているダイヤモンド誌小説

弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo検索 SANARI PATENT

(知財関連別サイト http://bit.ly/a1ftXo)上記関連サイトにJ-POWERの原子力発電所建設の進行を引用したが、その技術的意義に関連して、ダイヤモンド誌連載小説(真山 仁氏)が「資源エネルギー庁総合政策課長」など組織実名を用いつつ、小説形式に託している国際関係の課題を、以下に要約引用する。「ベトナムにおける原子力発電所建設の受注問題についても、日本チームは誤った先入観を持ってしまったようだ」「21世紀に入ってからベトナム政府は、近い将来、原発を建設したい。ついては日本に指南役をお願いしたいと日本に要請し、日本の原発関係者は友好的に長年指導した」「経済急成長国における電力の大需要充足に最適と見られる原子力発電所を建設する技術力と企業群を有しているのは、米仏日ロの四ケ国しかない。中でも日本は、製造部門で言えばフランスと並ぶ原発大国で、設計監理については米国企業がコントロールしていても、実際の製造は日本の3社が独占していた」「日本側はベトナム政府から、窓口の一本化(3社の)そのリーダーの助っ人として資源エネルギー庁の湯河総合政策課長が加わった」「ベトナム側は、競争入札の形で公明正大に発注先を決めたいが、入札には韓国も加わること、また、国際競争入札には、様々な思惑が絡むが、例えば、ある国の企業は  潜水艦の無償提供、ある国の企業は原料ウランの無償提供を約していること

」などを示し、日本企業の配慮を促した」。

佐成重範弁理士所見「魚を呉れる人は有り難いが、真に有り難い人は魚の釣り方を教えてくれる人、という中国の諺を奉戴して日本の対新興国技指導援助は国費投入も伴って実施されてきたが、技術習得した現時点で、その設備装置の購入は、どんな「おまけ」が付されるかによって決まるというのは、新興国にとっては経済合理性に即する。「人に施しても、それを恩返しされると思ってはいけない」というのも中国の諺にある。魚について言えば、日経紙系ガイヤの夜明けTVでは、アフリカで蛸の釣り方を日本が技術指導して、蛸漁獲が現地著増しているが、日本企業は購入価格が安いということで、売って貰えず、の競争模様が放映されている。

この記事訂正のご要求はsanaripat@gmail.comに送信下さい。発信者不明確のコメントは受信を辞退します)

« マスコミの典拠記事、今朝の朝日「アベノミクス・経済産業省主導」と来週号週刊文春「秋篠宮五十の天命に動く」 | トップページ | 冠婚葬祭の革新モデルに牧師僧侶サービスのインターネットご依頼 »