最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« メカトロニクス・ヒューマトロニクス・クリーンパワー、安川電機事業領域の3本柱 | トップページ | 医薬品行政変動下グローバル カテゴリー リーダ志向アステラス製薬の著増収著増益 »

2015年11月29日 (日)

小型トラック「エルフ」をスマートハイブリッド車化改造、いすず自動車

大型路線バス「エルガ」のフルモデルチェンジも
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
(知財戦略関連の他サイト:http://bit.ly/gvFECy) 世界経済の変容を先取りし、また誘引する自動車メーカーは、新規参入社の可能性も含めて、広汎な知財の独自開発に間断ない折柄、いすず自動車の中間報告が届いた。既にいすず自動車は、「国内トラック製造販売大手。タイでピックアップも。ディーゼルエンジン生産、海外販売に強み。海外比率64%」と特色付けられ(会社四季報)、「商用車販売が高水準で増加。国内は再開発需要で物流向けトラックが活況。米国なども順調。GMに、中型トラックを発注元ブランドで生産供給」(同)と高評価されている。 今次新製品報告は、エルフのハイブリッド車を改良した小型トラックで、モータ駆動のみで走行述べていることにより騒音に配慮した静かな走行ができるモードを付加している。さらに、アクセルの踏み込み量に応じて、モータ走行とバッテリ回生を自動切り替えなど、スマートグライドのサポート領域を拡大している。また、大型路線バス「エルガ」について、利便性・安全性向上のふるモデルチェンジを施した。
佐成重範弁理士所見→明日から始まるCOP21で鮮明に示されると予想するが、国域によるエネルギー選択の事情が著しく変動し、例えば、米国における石炭火力の抑制同行が見られる。ハイブリッド機能のスマート化・弾力化は、グローバル市場で活躍するいすず自動車にとって、極めて効果的と考える。
(記事訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい。発信者不確定のコメントは辞退申上げます。)

« メカトロニクス・ヒューマトロニクス・クリーンパワー、安川電機事業領域の3本柱 | トップページ | 医薬品行政変動下グローバル カテゴリー リーダ志向アステラス製薬の著増収著増益 »