最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「下着ドロボーだった」など真偽不明ながら過去を「忘れられる権利」 | トップページ | 「無限のぼり米」地域ブランド化の食品リサイクルに3R総理大臣賞 »

2015年10月23日 (金)

マイナンバー関連の企業需要で内田洋行(東証1部)のセキュリティ機器

セキュリティバッグなど機密機器需要急増をNHKTV等が放映
弁理士 佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
今夕7時のNHK等TVニュースには、いよいよマイナンバーの配布が本格化して、企業の従業員マイナンバー管理機密保持義務即刻発生し、セキュリティバッグ等の需要急増に関連して内田洋行の活況が例示放映されていた。内田洋行はもとより、「情報の価値化と知の協創をデザインする」ことを企業理念とし、上記繁忙もこれに随伴する一現象に過ぎないものの、マイナンバーの今後における重要性著増に鑑みれば、企業のセキュリティ義務を全うさせる不可欠機器を供給する内田洋行等の国家的責務は極めて重要である。内田洋行の業務分野は情報関連・公共関連・オフィス関連が各3分の1で均衡してきたが、海外に向けても、上海・香港・クアラランプル・ロサンゼルスを始めとして、今次安倍総理歴訪地を含むアジア諸国からグローバルに志向する模様だが、わが国民と企業のグローバル展開が益々拡大するに伴い、マイナンバーによる国民移動の把握の適格も必須であり、マスコミの内田洋行に対する関心も必然である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 「下着ドロボーだった」など真偽不明ながら過去を「忘れられる権利」 | トップページ | 「無限のぼり米」地域ブランド化の食品リサイクルに3R総理大臣賞 »