最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1億総活躍社会は「1億総生活習慣改善」「1億総予防医学」から | トップページ | 今次ノーベル経済学賞を「消費による幸福度」と銘打つ誤謬 »

2015年10月10日 (土)

大和ハウス、パナソニック、セブンドリーマーズの全自動洗濯乾燥折畳機

WBSがシャツの識別と折畳の実演を放映、異業種知財コラボの新類型
佐成 重範 Google・Yahoo検索 SANARI PATENT
異業種間コラボが多様に展開しているが、ITタイムズライフスタイルがアップデートした「セブンドリーマーズラボラトリー株;世の中にないモノを創り出す技術集団のセブンドリーマーズが全自動洗濯機折畳機ランドロイドを発表」は、「これからの製品化に向けて共同開発をパナソニック、大和ハウスとスタート」との副見出しより高速に、日経紙系・WBSは実際にワンドロイドが乾燥工程に続いて電子頭脳で、その選択物が下シャツであると識別し、人手よりも鮮やかな折畳ぶりを放映している。例えば日立の乾燥風合いの選択を含む全自動選択乾燥機が普及の途上だが、折畳までの全自動機は、多少高価格であっても、所得と消費の格差がグローバルに展開している現在、予想を超えるグローバル需要を惹起する可能性がある。
佐成重範弁理士所見→ダイヤモンド誌(中村正毅氏)が「棚卸資産の急増で事業整理必至。液晶産業で始まる再編劇の再終幕」と解説するシャープだが、知財の異業種コラボが、アンコールの華やかな演出を齎して欲しい。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
 

« 1億総活躍社会は「1億総生活習慣改善」「1億総予防医学」から | トップページ | 今次ノーベル経済学賞を「消費による幸福度」と銘打つ誤謬 »