最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 総合建設コンサルのE・JホールディングスE・Jホールディングス 、海外進出本格化 | トップページ | 次世代フライホィール蓄電装置等で未来期待のクボテック株価急 騰 »

2015年9月 5日 (土)

ネットゼロエネルギーハウス達成のロードマップ案、経済産業省

具体的施策案を含めて意見を公募、来る17日に締切
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
民生部門が最終エネルギー消費の3割を占め、他部門に比べて増 加が顕著であることから、室内外の環境品質を低下させずに、高 い断熱性能と高効率設備により可能な限りの省エネと再生エネ導 入によるネットゼロエネルギーハウスの推進に知財開発の期待も 厚いが、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・資 源エネルギー庁省エネ新エネ部省エネ対策課)によれば経済産業 省は、ネットゼロエネルギーハウスのロードマップ検討委員会の 中間答申について、意見を公募し、その提出期限を来る9月17日 と定めた。
佐成重範弁理士所見→この案は、ネットゼロエネルギーハウスの 現状と課題、および、課題に対する対応の方向性について、ネッ トゼロエネルギーハウスの定義・対象範囲・判断基準・目標、ネ ットゼロエネルギーハウスの認知度向上のためのブランド化とネ ットゼロエネルギーハウスによる便益の明確化、ネットゼロエネ ルギーハウスの動機付け、具体的な施策として、国・業界団体・ 民間事業者がそれぞれの起点から連携して取組むべき事項を叙述 しているから、ネットゼロエネルギーハウスについての更なる知 財開発において、基本的参考事項とすべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 総合建設コンサルのE・JホールディングスE・Jホールディングス 、海外進出本格化 | トップページ | 次世代フライホィール蓄電装置等で未来期待のクボテック株価急 騰 »