最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« インターネットデジタル素材市場運営のピクスタ新規上場 | トップページ | 安保法成立と共に、経済発展に国論集中、先ず都心の活況 »

2015年9月17日 (木)

グローバルスタンダードたるべく、特許審査基準を全面改訂

特許権付与の基本的考え方明示や例示の充実

 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT 物流も情報流もグローバル化が益々拡大するから、知的財産権に 関する相克も多発することは必然で、従って、特許権等を付与す る基本的考え方について、わが国のそれがグローバルスタンダー ドとして通用することが最も望ましい。SANARI PATENTに着信した 経済産業省発メール(担当・特許庁審査第一部調整課審査基準室 )によれば経済産業省(特許庁)は、来月(2015-10)から、この ほど全面改訂した特許審査基準を適用し、グローバルスタンダー ド化を期する。従って新特許審査基準は、その基本的考え方を簡 潔かつ明瞭な和文と英文で構成し、また、事例や判決を多数掲載 して、国内外の特許権制度利用者にとって特許権取得の予見性が 高まると共に、それが国際的にも円滑に通用していくことを期す る。このことは同時にまた、国内の特許権制度利用者が他国で特 許権を取得することを容易にする。
佐成重範弁理士所見→特許法の法体系自体が実は、日米欧間でも かなり相異しているのだが、その認識は普遍的でない。従って特 許審査基準の体系も相異しているのだが、ここに記述するには膨 大過ぎる。自然法則の利用とか新規性・想到非容易性とか産業上 利用可能性とか、実質的結果的にグローバル統一化されていくこ とを、今次経済産業省の措置が促進することを望む。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« インターネットデジタル素材市場運営のピクスタ新規上場 | トップページ | 安保法成立と共に、経済発展に国論集中、先ず都心の活況 »