最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 次世代フライホィール蓄電装置等で未来期待のクボテック株価急 騰 | トップページ | インドの最大GDP州・マハラシュトラ州(首都ムンバイ)との産業 協力加速 »

2015年9月 9日 (水)

アパレル工業用ミシン世界一のJUKI、ラインソリューション提案 も

キルト分野を含め欧米・アジアの各地域戦略で海外比率9割に近
づく
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
JUKIの事業報告が届いた。縫製機器事業におけるアジア新興国市
場での売上が引続き堅調であったことに加えて円安基調により売
上高は前年同期比13%増、事業領域の拡大で増益。既にJUKIは「
アパレル向け工業用ミシン世界一位。アジアで強い。家庭用は3
位。チップマウンターが第二の柱。海外比率84%」と特色付けら
れ(会社四季報)、「続伸。アジア新興国で需要拡大。自動車シ
ートなどのノンアパレルが順調増。産業機器もスマホ向けが伸び
る。増収効果に加えて部品の現地調達拡大による単価低減も寄与
して連続営業増益。増配」(同)と高評価されている。加えて「
縫製機器の海外売上高比率でアジアが50%まで上昇。今後も海外
拠点を拡大」(同)。
佐成重範弁理士所見→JUKIの戦略は製品別と世界地域別のクロス
構成で構築され、かつ、ラインソリューションの提案による一貫
受託、すなわち、ユニット設計・生産、部品製造の企画開発から
販売に至る受託を志向し、金属粉末射出成型や制御基板設計製造
などを’含むマルチセレクト製造でも顧客対応を的確に構築して
いることが注目される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 次世代フライホィール蓄電装置等で未来期待のクボテック株価急 騰 | トップページ | インドの最大GDP州・マハラシュトラ州(首都ムンバイ)との産業 協力加速 »