最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アパレル工業用ミシン世界一のJUKI、ラインソリューション提案 も | トップページ | 西武、再上場後の初年度報告、増収増益路線でパラダイムシフト 即応 »

2015年9月12日 (土)

インドの最大GDP州・マハラシュトラ州(首都ムンバイ)との産業 協力加速

宮沢経済産業大臣とインド・マハラシュトラ州首相の合意覚書
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・通商政策局
南西アジア室)によれば宮沢経済産業大臣はインド・マハラシュ
トラ州のファドナヴィス州首相と会談(2015-09-11)の結果、イン
ド・マハラシュトラ州での産業協力に関する覚書に署名した。既
に日印首脳会議で合意されている、インドへのわが国からの直接
投資と日本企業進出数五年間で倍増の目標の実現に向けた覚書で
あり、わが国経済産業大臣とインドの州首相との同様覚書として
は、アンドラブラディッシュ州、ラジャスタン州に続く3番目の
取り組みとなる。特にマハラシュトラ州は、インド最大の最大の
都市であるムンバイを首都とし、金融・情報通信等のサービス業
と輸送機械製造等の工業によりインド最大の州GDPを誇ると共に、
インド最大の港であるムンバイ港を擁し、インド北部の海の玄関
口として経済成長率が著しく高く、日本企業の進出も最も進んで
いる。
佐成重範弁理士所見→インドの13億人口は中国と同規模だが、中
国のような一人っ子政策による人口抑制を採らなかったから、人
口増勢が中国を上回ると共に、現人口構成においても正ピラミッ
ド型を示し、わが国の所得倍増計画スタート時点と同様の構成を
成している。スバ工業団地の発売とも機を一にして、日本企業の
インド・マハラシュトラ州立地加速が期待される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« アパレル工業用ミシン世界一のJUKI、ラインソリューション提案 も | トップページ | 西武、再上場後の初年度報告、増収増益路線でパラダイムシフト 即応 »