最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ローソン・メトロ東京、セブンイレブン・JR東日本、各連携の多 次元効果 | トップページ | 機器間インターネットシステム(IoT)対応中間答申、来る19日 »

2015年8月 6日 (木)

大阪府堺市の中辻産業など6社、再資源事業計画認定

小型家電リサイクルの認定事業者数計46に
弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT
使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律が新たに施
行されてから1年3月余を経たが、同法では、金属等の再資源化
を促進して資源の有効利用を進めるため、廃棄物の適正な処理を
確保すべく、再資源化事業計画の申請事業者に対して、適正と認
める計画についてはその旨を認定することとしている。SANARI
PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・産業技術環境局リサ
イクル推進課)によれば経済産業省は、これまでに認定した40事
業者の計画に加えて、名古屋市の朝日金属、堺市の中辻産業、小
山市の東京鉄鋼、姫路市のマキウラ鋼業、高松市の三木鋼業、大
分市の環境整備産業の計画を認定した。
佐成重範弁理士所見→小型電子機器の生活者利用がスマートハウ
ス化や在宅勤務増進などに伴い益々増大するが、その廃棄につい
てはは廃棄規制やセキュリティ懸念もあって、煩瑣と警戒の念が
強く、資源最利用のためには、経済産業省による適切な事業認定
が必須である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
 

« ローソン・メトロ東京、セブンイレブン・JR東日本、各連携の多 次元効果 | トップページ | 機器間インターネットシステム(IoT)対応中間答申、来る19日 »