最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« コラボ、随所に多様化、セブン関西*東電、ユニクロ*ディズニ ー、富士通*キレイヤサイ | トップページ | タンパク質の結晶化などの創晶(株)に大学発ベンチャー賞 »

2015年8月18日 (火)

電気料金の国際比較など経済産業省総合資源エネルギー分科会

来る21日に経済産業省本省において第17回基本政策分科会
弁理士 佐成 重範  Google,Yahoo検索 SANARI PATENT
原発の操業再開も目前に迫り、また、セブンイレブンの関西1000
店舗が、関電からの受電を東電に切り替えて電力費2%節減を実
現するなど、エネルギー基本政策の明確な見極めが企業・生活者
双方に緊要である折柄、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メ
ール(担当・資源エネルギー庁長官官房総合政策課)によれば経
済産業省は、来る21日に総合資源エネルギー調査会の第17回基本
政策分科会を開催し、長期エネルギー需給見通し、電力・ガス・
熱システム改革等を議題とする。前回(2015-01-30)分科会におい
ては例えば電気料金の国際比較について、資源エネルギー庁から
ドル表示の資料を示し、「わが国の現行電気料金は、産業用・家
庭用とも比較的高い水準の位置にあること、例えばドイツの場合
と比べると、産業用では日本の方が、やや高く、家庭用ではドイ
ツの方が相当高いという構造になっているなど説明した。
佐成重範弁理士所見→原油価格動向も流動し、太陽光発電は北欧
で道路に敷設発電するなど先駆的実践がなされるなど、エネルギ
ーの総合政策は知財開発の動機と前提要件をなす当面の注目事項
である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
 

« コラボ、随所に多様化、セブン関西*東電、ユニクロ*ディズニ ー、富士通*キレイヤサイ | トップページ | タンパク質の結晶化などの創晶(株)に大学発ベンチャー賞 »