最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シンガポール知財庁と官民連携審査能力向上プログラム開始 | トップページ | 葬儀業・東証1部ティアの連続最高益報告 »

2015年8月28日 (金)

アミューズメント産業・パチスロ業界を基盤にオーイズミの事業 展開

競馬競輪等の公営競技を遥かに凌駕するパチスロ娯楽の技術開発
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
東証1部のオーイズミの事業報告が届いた。今日の総務省発表で
も7月の実質家計支出は昨年同月比0.2%減で、遊技場の経営環境
は厳しいが、パチスロ遊戯の売上高が公営競技売上高総計を遥か
に上回ることは、生活者に、より密着した遊戯であることを示し
、実質、高度の電子機器技術を基盤とすること(特許権数も多い
)と相俟って、この業界の動向が注目される。今次オーイズミの
報告でも、オーイズミは、パチスロ用のメタル貸機、補給回収シ
ステムを収益基盤としつつ、パチスロ機を展開。今次報告でも、
「最高のコンテンツ*最高の映像*最高のゲーム性」具備の「最
高の大空へ」機器を発売し、また、誤差玉・メダル検知機能、数
多くの貸出単価設定、カード残数設定機能、全機種タッチパネル
カラー液晶、持ち玉サーバ機能内蔵、島コン単位で貸出単価設定
、カード利用停止機能、セキュリティメンテナンス向上の機能に
よる新製品を説明している。
佐成重範弁理士所見→パチスロ業界は過度の射幸性抑制のための
条例規制のもとにあり、これに適合するための電子工学的技術開
発も、共同利用特許権として活用するなど、総合知財の業界であ
るが、オーイズミは更に、発電や福祉分野にも進出しつつ、連続
増配の実績を示していることは高評価される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« シンガポール知財庁と官民連携審査能力向上プログラム開始 | トップページ | 葬儀業・東証1部ティアの連続最高益報告 »