最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 森下仁丹の機能性表示食品新ブランド「ヘルスエイド」 | トップページ | KADOKAWA dwangoのチャレンジ表明、株式市場の評価昂揚も意図 »

2015年7月24日 (金)

三菱自動車が米国撤退・アジア拡大、情報・金融は米国企業買収

日経はフィナンシャルタイムズ、明治生命はスタンコープ買収
弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT
今日のダイヤモンドデジタルが「日本企業の4割が海外からの撤
退を選んだ理由」と見出しており、NHKの「三菱自動車が米国から
撤退してアジア拡大に集中」と組み合わせて、メーカーの方向転
換かと疑う向きもあったかと思うが、ダイヤモンドデジタルの主
題は中小企業に関する動向で、メーカーの全体像がどう動くかは
こんごの考察対象である。当面、日経紙のフィナンシャルタイム
ズ買収と明治安田生命の、米国中堅生保スタンコープ・ファイナ
ンシャル・グループ買収が今日、相次いで報道され、対欧米で「
メーカーは売却、情報金融は買収」と翻訳する向きもあったち思
う。グローバル情勢は極めて流動的であり、決めつけずに対応す
ることが緊要であろう。
佐成重範弁理士所見→メーカーの海外仕様・現地生産のグローバ
ルな拡充が望まれるが、コスト低減の知財開発が緊要である。日
経紙がニューヨークタイムズと拮抗することはわが国情報戦略と
して望むところであり、明治安田生命が今次買収により、第一生
命保険の米国生保会社先行と併せて、広義金融面の日本企業グロ
ーバル展開が期待される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 森下仁丹の機能性表示食品新ブランド「ヘルスエイド」 | トップページ | KADOKAWA dwangoのチャレンジ表明、株式市場の評価昂揚も意図 »