最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 明日からTPP主席交渉、対立31項目の難航筆頭に知財 | トップページ | 三菱自動車が米国撤退・アジア拡大、情報・金融は米国企業買収 »

2015年7月24日 (金)

森下仁丹の機能性表示食品新ブランド「ヘルスエイド」

健康寿命延伸志向に届出制機能食品の即応
弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT
森下仁丹の株主贈呈品が届いた。同社製の機能性表示食品総合ブ
ランドとして「ヘルスエイド」ブランドを冠したのは、仁丹の不
動のブランド価値と融合して生活者の信用と常用を高速に高める
と見られる。「高速」というのは言うまでもなく在来の許可制健
康食品に対する評価だが、届出制においても、受理不受理の権限
は行政庁に在って、受理取消の場合も有り得る制度だから、行政
責任をバックにしていることは同様だが、それよりも、事業主体
の信用が決定的だし、生活者の選択も先ずこれに依拠すべきであ
ろう。森下仁丹の場合は詳細なヘルスエイドブックが付されて、
腸内フローラの機能の解説など、健康常識として深めるべき知識
が懇切に解説されている。
佐成重範弁理士所見→腸内フローラについて付言すれば、森下仁
丹の解説に加えて、その免疫機能細胞群としての機能を、専門医
師による解説書で補完することをお勧めする。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 明日からTPP主席交渉、対立31項目の難航筆頭に知財 | トップページ | 三菱自動車が米国撤退・アジア拡大、情報・金融は米国企業買収 »