最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« クールジャパン資源活用の観光で地域経済を活性化、経済産業省 | トップページ | ロボット政策室を新設、経済産業省 »

2015年7月 2日 (木)

太平洋セメントは多角化・再利用・海外拡充で増収・純利益著増

セメント首位企業の方向性と事業戦略
弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT
国土強靭化の基幹物資・セメントの首位企業・太平洋セメントの 今次報告は、国内経済について政府主導による経済対策や日銀に よる金融緩和で企業収益や雇用環境の改善傾向が持続し、米国経 済において個人消費の堅調な推移など着実な契機回復の続行、中 国経済において緩やかな景気拡大、その他アジア地域経済で景気 拡大の一般的持続などの状況把握のもとに、骨材・建材等への多 角化、石炭灰・汚泥・産廃等の最利用の収益源化、海外拡充の業 績を報告した。日本経済振興に向けて今後、国内外のニーズや課 題に対して社会基盤産業として、製品やソリューションの提供が 使命であるとし、先ず既存事業を再点検してコスト削減等による 事業の強靭化により収益弁理士を強化し、長期を見据えた環境変 化を予測・先取りして、グループの優位性を軸に新たな事業展開 ・海外展開を進めると述べている。
SANARI PATENT所見→高純度炭化ケイ素など電子材料進出を模索し ているようだが(会社四季報)、セラミック電子材料の開発課題は 既に長年にわたる課題で、その方向性についても一層の見解表明 が望まれる。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« クールジャパン資源活用の観光で地域経済を活性化、経済産業省 | トップページ | ロボット政策室を新設、経済産業省 »