最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 番号カード、取得急ぐかどうか、生活の知恵と企業の採算 | トップページ | 知財を含む総体価値としての企業価値評価と株価変動 »

2015年7月15日 (水)

新・ダイバーシティ経営企業100選を開始、経済産業省

多様な能力の最大限発揮、重点テーマを刷新
弁理士 佐成 重範  Google、Yahoo!検索 SANARI PATENT
経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、わが国の企業競争
力を強化するため、女性・外国人・高齢者・身体障碍者を含む一
人ひとりが、多様な能力を最大限発揮して価値創造に参画するダ
イバーシティ経営の推進が必須である。SANARI PATENTに着信した
経済産業省発メール(担当・経済産業政策局経済社会政策室)に
よれば経済産業省は。今年度の新たなフェーズとして、「長時間
労働是正等の働き方改革」「女性の職域拡大・役割の高度化」「
外国人の活躍推進」により企業価値向上に繋がった事例を、来る
9月14日を応募期限日として公募する。
SANARI PATENT所見→舛添都知事が英国ロンドンで、英国企業の東
京進出を促すスピーチを展開しているが、東京に進出を果たした
いとの英国企業者の発言も放映され(今朝NHK)、企業ぐるみのダ
イバーシティに至ることが有望である。なおSANARI PATENT所在の
新宿区は、既に住民の12%が外国人である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 番号カード、取得急ぐかどうか、生活の知恵と企業の採算 | トップページ | 知財を含む総体価値としての企業価値評価と株価変動 »