最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 芝浦工大の未来象徴校舎構築が起動した豊洲新副都心の展開 | トップページ | 今年度税制改正、知財関連ほかガイドライン策定 »

2015年6月 2日 (火)

南三陸商工会と剣淵商工会とに企業実証特例制度適用認定

地方創出・地元消費喚起に、資金決済特例法の適用除外措置
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
宮城県の南三陸商工会と、北海道の剣淵商工会が申請していた新
事業活動計画については、SANARI PATENTに着信した経済産業省発
メール(担当・中小企業庁経営支援部小規模企業振興課)によれ
ば経済産業省は産業競争力強化法に基づいて、両者を適格と認定
し、両商工会が特例措置を活用したプレミアム付き商品券を発行
ビジネスことにより、消費税引上げなどによる町内消費の落込み
を食止めると共に、新たな消費需要を喚起し、両地域経済の発展
を図る。
SANARI PATENT所見→現実・即効の効果は、プレミアム付き商品券
の発行について一般に義務付けられる法定供託金の供託が免ぜら
れるⅤで、当該金額の積極的活用が可能になることと解する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 芝浦工大の未来象徴校舎構築が起動した豊洲新副都心の展開 | トップページ | 今年度税制改正、知財関連ほかガイドライン策定 »