最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 選挙権成年年齢の引下げは、知財開発を活発化 | トップページ | 中小企業の官公需受注確保、関連法改正施行政令案に意見募集 »

2015年6月16日 (火)

水素・燃料電池自動車に関する国連規則の発効

新たな国際相互承認の仕組みが実現、と経済産業省
佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
経済産業省は、2015年10月から、国土交通省と連携して、水素・
燃料電池自動車の相互承認のための国連規則策定に参画してきた
が、この国連規則が発効した(2015-06-15付)。SANARI PATENTに
着信した経済産業省発メール(担当・商務流通保安グループ高圧
ガス保安室)によれば今後、この国連規則を各国が法令に取り込
むことにより例えば、水素・燃料電池自動車の燃料用の容器につ
いて、わが国の高圧ガス保安法を含め各国の関係法令に沿ったも
のであれば、その容器の輸出入が一層効率化する。
SANARI PATENT所見→「水素・燃料電池自動車」という呼び名はあ
まり一般受けしない名前で、水素自動車、または、当面、燃料電
池自動車として実用されるのは水素燃料自動車に限られるから単
に燃料電池自動車の呼び名が良いと思うが。いずれにせよ、水素
タンクを流通させて二酸化炭素排出なし(ただし水素生産のため
に排出する可能性は認識すべきだ)の自動車を走らせることの意
義を改めて確認すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 選挙権成年年齢の引下げは、知財開発を活発化 | トップページ | 中小企業の官公需受注確保、関連法改正施行政令案に意見募集 »