最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 産業・医療計測機器、エー・アンド・デイの国内外子会社技術融 合 | トップページ | 総合飲料受託生産大手のジャパンフーズ、お茶は千葉、水は房総 と出身地方強調 »

2015年6月13日 (土)

将来収益向上に繋がる戦略的布石、商品評価損・固定資産減損損 ・店舗閉鎖損失の計上

ミスターマックスの増収業績と将来戦略の明示
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
ミスターマックスの総会通知が届いた。既にミスターマックスは
「ショッピングセンタ入居の家電・日用品ディスカウントストア
。生鮮食品や薬品も」と特色付けられ(会社四季報)、「2016年3
月期は既存店の客数が上向く。食品・日用品が堅調。家電を軸に
不採算品の整理が進捗し、営業益復調」(同)と高評価されている
。加えて「商品戦略を抜本的に見直し、売れ筋商品への絞込みに
傾注。免税店を各地で拡充」(同)。今次総会には「資本準備金・
利益準備金の額の減少と剰余金処分」の議案を付議しているが、
「今後の柔軟かつ機動的な資本政策の実行を可能にする措置」と
して、増収達成のもと、将来戦略を明示するものとして評価され
よう。
SANARI PATENT所見→創業65年の九州地盤・一部上場銘柄として、
永年の信用を確立する損失処理と考える。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 産業・医療計測機器、エー・アンド・デイの国内外子会社技術融 合 | トップページ | 総合飲料受託生産大手のジャパンフーズ、お茶は千葉、水は房総 と出身地方強調 »