最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 模倣品・海賊版相談の年次報告 | トップページ | 新産業革命の到来を予見する変化先導のJSR小柴社長 »

2015年6月27日 (土)

人材の流動基盤、住宅リースの革新・拡大を展開する東急住宅リ ース

個人法人の住宅オーナーのリース、社宅運営、リフォームを総合 受託

佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
東急不動産ホールディングスの第二期報告が届いた。表参道・原 宿エリアの開発により国際競争力強化に貢献するランドマーク・ キュープラザ原宿、横浜の希少性高いエリアにフラッグシップと なるタワーマンション・ブランズタワーみなとみらいを始め、首 都圏構造のイノベーションを促進する構築を続伸している東急不 動産ホールディングスだが、人材の流動を確保する法制整備と相 俟って、その居住環境を最適化する住宅リースのイノベーション は、わが国経済発展のため必須の要件であり、この見地から、東 急不動産ホールディングスがこのたび、東急住宅リースを、東急 コミュニティー・東急リバブル・東急リロケーションの賃貸住宅 事業統合体として構築・発足したことは、多角評価し、その活用 による首都圏等の人材流動と能力発揮に、わが国新興の基盤を置 くべきである。
SANARI PATENT所見→住宅の所有を偏重する従来の観念を脱却し、 リース住宅のイノベーションをフルに活用する人材の、首都圏等 集中が望まれる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)  

« 模倣品・海賊版相談の年次報告 | トップページ | 新産業革命の到来を予見する変化先導のJSR小柴社長 »