最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ペーパーメディアとITの融合加速、トッパン・フォームズの成長 戦略 | トップページ | 産業・医療計測機器、エー・アンド・デイの国内外子会社技術融 合 »

2015年6月10日 (水)

竹中平蔵慶応大教授、新浪剛史サントリー社長を取締役新任議案 、ORIX

金融・リース・不動産・事業投資・海外の6セグメントを有機結
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
金融業務の多角機能で好調のORIXの総会通知が届いた。既にORIX
は「総合リース国内首位。海外展開は業界で突出。M and Aに積極
的」と特色付けられ(会社四季報)、「好調。オランダ・ロベコが
通期寄与。ハートフォード生命買収で暖簾益。2016年3月期は太
陽光など新事業が収益化。不動産や投資案件売却益」(同)と高評
価されている。加えて「電力はバイオマスや地熱に軸足。電力小
売に参入も前向き」(同)と、更なる積極戦略を高評価されている
。今次総会(来る23日)には、竹中平蔵・元経済財政金融大臣・
現パソナ会長(63歳)や新浪剛史・元ローソン会長・現サントリ
ー社長および三菱自動車取締役(55歳)の新取締役選任議案も付
議され、標記6セグメントの有機的結合による多角多面の業容展
開が期待される。
SANARI PATENT所見→売上高の海外比率が既に3分の1に達し、グ
ローバル市場の変動を先見しつつ、総合金融機能や新事業を展開
することに刮目する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« ペーパーメディアとITの融合加速、トッパン・フォームズの成長 戦略 | トップページ | 産業・医療計測機器、エー・アンド・デイの国内外子会社技術融 合 »