最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 中小企業の官公需受注確保、関連法改正施行政令案に意見募集 | トップページ | 電炉中堅東京鉄鋼(株)の連続増益の基盤 »

2015年6月19日 (金)

伝統的工芸品産業振興法に基づく経済産業省指定、222品目に

今回新指定の、仙台箪笥・江戸鼈甲・東京アンチモニー工芸品を
加えて
佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政
策局伝統工芸品政策室)よれば経済産業省は、標記3品目を新た
に、伝統工芸品産業振興法に基づく伝統的工芸品として指定し
(2015-06-18付)、措定品目は222品目となった。仙台箪笥は、江
戸時代末期以降、仙台藩の地場産業として成長したが、木目が浮
かび上がる木地呂塗りに、豪華な金属製の飾り金具が施されてい
る。江戸鼈甲は。、タイマイの甲羅を原料として独自の鼈甲の張
り合わせ技術を用い、江戸期の関東地方で盛んに製造された和装
品中の秀作である。東京アンチモニー工芸品は、鉛・アンチモン
・錫の合金であるアンチモニーを原料とする鋳物製品であるが、
明治初期に東京の地場産業として技術が確立し、繊細な模様や彫
刻により、装飾品・賞牌・置物等が製造されている。
SANARI PATENT所見→経済産業省による標記指定は、日用品である
こと、手工芸的であること、百年以上の伝統工芸技術技法である
こと、一定地域で伝統的に使用された原材料を用いることを要件
としているが、訪日外国人の大量購買も散見され、日本国民によ
る愛好、またこれに先立つ認識と愛好強化を先ず先行、ないし、
平行させないと、恥ずかしい目にも逢う。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 中小企業の官公需受注確保、関連法改正施行政令案に意見募集 | トップページ | 電炉中堅東京鉄鋼(株)の連続増益の基盤 »