最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 口永良部島噴火の被災中小企業対策 | トップページ | 芝浦工大の未来象徴校舎構築が起動した豊洲新副都心の展開 »

2015年5月31日 (日)

インドネシア銅地金増産増益など三菱マテリアル

セメントは原油安と米国生コン値上げの「二重奏」と謳われ
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
三菱マテリアルの総会通知が届いた。セメント事業・金属事業・
加工事業・電子材料事業・アルミ事業の複合経営だが、「増益基
調。セメントは原油安と米国生コン値上げの二重奏」と特色付け
られ(会社四季報)、金属事業は、インドネシアにおける増産によ
り増益。金その他の金属も増産等により増益、加工事業は超硬製
品が国内外の需要増加と積極的な販売促進により増益、電子材料
事業は電子デバイスが白物家電向け製品の販売増により増益、ア
ルミ事業はアルミ缶がビール系飲料向けを中心に通常缶の増加に
加えてブラックコーヒーと茶系向け需要増で増益、アルミ圧延品
は自動車向け需要増など報告される。
SANARI PATENT所見→宝石・宝飾品の一般販売イベントを開催する
など、生活者・投資家に直結する気配りの行き届いた社風で人気
銘柄である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 口永良部島噴火の被災中小企業対策 | トップページ | 芝浦工大の未来象徴校舎構築が起動した豊洲新副都心の展開 »