最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« トッパン・フォームズにおけるIT活用の「攻めの経営」 | トップページ | 住宅のライフサイクル管理にITフル活用、積水ハウスに経済産業 省東証が着目 »

2015年5月28日 (木)

グローバル経済交流活発下の不公正貿易対策

諸国企業と政府の自我主張と国際協調の整合
弁理士 佐成 重範  Google 検索  SANARI PATENT
知財および知財関連商品を含めて、国際流通拡大の情勢下、不公正貿易と目される取引行為も漸増する。これらに適切に対処する取組が重要である。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・通商政策局通商機構部および国際法務室)によれば経済産業省は昨日取り纏めた不公正貿易報告書に基づき、新たな取組方針で対処していく。経済産業省の上記報告書には、中国における日本製ファイバー母材に対する措置、銀行業IT機器セキュリティ規制、化粧品ラベル規制、化学物質規制、インドネシアにおける外国企業の参入障壁となる玩具規制、フィリピンである未加工鉱石に対する輸出規制、イスラエルにおけるタイヤ規制、エクアドルにおける自動車輸入総量規制、マレーシアにおけるフラットパネルディスプレイ関連などが搭載された。
SANARI PATENT所見→この課題を契機として、関税評価に関する現下の問題点、中国レアアース問題、補助金協定、鉄鋼業界のグローバル過剰生産能力など、伏在する国際経済環境の問題点に対応の深化が求められる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« トッパン・フォームズにおけるIT活用の「攻めの経営」 | トップページ | 住宅のライフサイクル管理にITフル活用、積水ハウスに経済産業 省東証が着目 »