最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 安倍総理「質の高いインフラパートナーシップ」を発表 | トップページ | 日経平均2万394円に続騰のもと、マルハニチロ海外展開好感で年 初来高値 »

2015年5月24日 (日)

生活習慣予防基本法案の社会経済・知財革新的意義

生活習慣予防基本法案の社会経済・知財革新的意義
高血圧・糖尿病・癌・認知症を生活習慣病として予防する重大意
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
医療費費や介護費の際限ない増大が経済社会の建設的発展に必要
な予算を圧迫し、青壮年の所得から公的福祉保険費の著増負担額
を奪って、将来設計の所要費を圧迫していることは明白だから、
生活習慣病予防基本法案の超党派提案が一部に報道されているこ
とは極めて注目すべきである。同時に、これによる予防措置の実
践は、それが本格的に行われるときは、医療・介護・製薬・食品
・嗜好品業界の市場に、少なからぬ影響を及ぼすことは必至であ
る。例えば成年者における糖尿病予防は、肥満判定指数BMIの25以
下、カロリー摂取の一日平均1800キロカロリー未満、含水炭素摂
取量の局限など、高血圧症の予防は上記の加えて食塩1日9グラ
ム未満、毎日万歩目標、禁煙、節酒などだが、その励行が糖尿病
や高血圧病の予防に役立つことはエヴィデンスも示すところなが
ら、飲食業界、医薬品業界の業容と知財開発に、予防の実効に対
応して影響をもたらすことは必至である。
SANARI PATENT所見→スカイツリーでの展望1億人超がわが国の技
術と経済を誇示する足元で、ツリー天ぷらやマンモスケーキの巨
大は生活習慣病予防の禁忌だが、生活習慣病予防基本法案の含意
は、これら現象の到るところに及ぶものであることにも、想いを
馳せるべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 安倍総理「質の高いインフラパートナーシップ」を発表 | トップページ | 日経平均2万394円に続騰のもと、マルハニチロ海外展開好感で年 初来高値 »