最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 住宅のライフサイクル管理にITフル活用、積水ハウスに経済産業 省東証が着目 | トップページ | インドネシア銅地金増産増益など三菱マテリアル »

2015年5月30日 (土)

口永良部島噴火の被災中小企業対策

中小規模企業に対して日本政策金融公庫・商工中金・信用保証協
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
今次新岳噴火で全員離島となり、しかもその期間が1月間に及ぶ
可能性も示唆されており、中小規模企業に対する措置が案ぜられ
たが、経済産業省は逸早く手配している。SANARI PATENTに着信し
た経済産業省発メール(担当・中小企業庁経営安定対策室)によ
れば経済産業省は、鹿児島県の日本政策金融公庫、商工中金、信
用保証協会、商工会議所、商工会連合会および中小企業団体中央
会・中小企業基板整備機構吸収本部、九州経済産業局に特別相談
窓口を設置し、災害復旧貸付の実施や信用保証の特例、既往債務
の返済条件緩和対策を行う。
SANARI PATENT所見→この迅速な措置により、安心感が先ずもたら
され、今後の適切な同島の在り方が樹立される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
 

« 住宅のライフサイクル管理にITフル活用、積水ハウスに経済産業 省東証が着目 | トップページ | インドネシア銅地金増産増益など三菱マテリアル »