最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日本が誇るべき、優れた地方産品を世界に伝えるThe Wonder 500 | トップページ | 京阪神ビルディング(株)のオフィスビル・商業ビル、東京圏志 向の必然性 »

2015年5月16日 (土)

委託研究開発における知的財産マネジメントの運用ガイドライン を策定

プロジェクトごとに適切な知的財産マネジメントの実施を期待、
経済産業省
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
経済産業省の予算により経済産業省または経済産業省所管独立行
政法人が委託実施する研究開発について、ガイドラインを明示し
、今年7月1日から適用されるが、SANARI PATENTに着信した経済
産業省発メール(担当・産業技術環境局技術政策課)によれば、
このガイドラインは、成果の事業化の重要性など基本的な考え方
を明示すると共に、プロジェクトごとに、その開始前から終了後
に至る知財関連の業務手順を定めるべきことなどを提示する。
SANARI PATENT所見→成果を事業化に結び付けるため、想定される
パターンごとに、参考となる知財の柔軟な帰属の在り方や活用方
法などを提示するもので、実務上、即有用有益なガイドラインで
ある。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 日本が誇るべき、優れた地方産品を世界に伝えるThe Wonder 500 | トップページ | 京阪神ビルディング(株)のオフィスビル・商業ビル、東京圏志 向の必然性 »