最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

インドネシア銅地金増産増益など三菱マテリアル

セメントは原油安と米国生コン値上げの「二重奏」と謳われ
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
三菱マテリアルの総会通知が届いた。セメント事業・金属事業・
加工事業・電子材料事業・アルミ事業の複合経営だが、「増益基
調。セメントは原油安と米国生コン値上げの二重奏」と特色付け
られ(会社四季報)、金属事業は、インドネシアにおける増産によ
り増益。金その他の金属も増産等により増益、加工事業は超硬製
品が国内外の需要増加と積極的な販売促進により増益、電子材料
事業は電子デバイスが白物家電向け製品の販売増により増益、ア
ルミ事業はアルミ缶がビール系飲料向けを中心に通常缶の増加に
加えてブラックコーヒーと茶系向け需要増で増益、アルミ圧延品
は自動車向け需要増など報告される。
SANARI PATENT所見→宝石・宝飾品の一般販売イベントを開催する
など、生活者・投資家に直結する気配りの行き届いた社風で人気
銘柄である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月30日 (土)

口永良部島噴火の被災中小企業対策

中小規模企業に対して日本政策金融公庫・商工中金・信用保証協
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
今次新岳噴火で全員離島となり、しかもその期間が1月間に及ぶ
可能性も示唆されており、中小規模企業に対する措置が案ぜられ
たが、経済産業省は逸早く手配している。SANARI PATENTに着信し
た経済産業省発メール(担当・中小企業庁経営安定対策室)によ
れば経済産業省は、鹿児島県の日本政策金融公庫、商工中金、信
用保証協会、商工会議所、商工会連合会および中小企業団体中央
会・中小企業基板整備機構吸収本部、九州経済産業局に特別相談
窓口を設置し、災害復旧貸付の実施や信用保証の特例、既往債務
の返済条件緩和対策を行う。
SANARI PATENT所見→この迅速な措置により、安心感が先ずもたら
され、今後の適切な同島の在り方が樹立される。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)
 

2015年5月29日 (金)

住宅のライフサイクル管理にITフル活用、積水ハウスに経済産業 省東証が着目

「攻めのIT経営銘柄」今次18社選定のうち建設業では積水ハウス
弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT
今次経済産業省と東証の共同選定による今次「攻めのIT経営銘柄
」18社のうち、建設卸売業から積水ハウスが選定されている。
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政
策局情報処理振興課)によれば積水ハウスは、住宅のライフサイ
クル管理を目指し、コンピュータ支援設計(CAD)情報を連携させ
て効率的に活用する仕組みを構築した。設計データを一気通貫化
し、住宅設計の各工程を連動することにより、邸別情報の一元化
、納期短縮、大幅な業務コスト削減を実現している。さらにコン
ピュータ支援データを活用して、周辺企業との供給連鎖管理(SCM)
を構築している。また建築からアフタメンテナンス・リフォーム
・不動産管理に至るまで、グループの全関係会社の業務状況、人
材状況をリアルタイムに把握できるよう、業務システムを標準化
し、事業の拡大、営業利益率の上昇を実現している。さらに、コ
ンテンツ統合・データ統合による営業情報のリアルタイム化、経
営意思決定の高速化、タブレットによる営業ワークスタイルの改
革による展開業務工数の大幅削減を進捗している。
SANARI PATENT所見→全国民住資産の管理・活用・リノベーション
の在り方が、わが国経済社会の今後を決定する核心要素となるこ
とは明白であり、積水ハウスの在り方が国政ベースで全国適用さ
れるべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月28日 (木)

グローバル経済交流活発下の不公正貿易対策

諸国企業と政府の自我主張と国際協調の整合
弁理士 佐成 重範  Google 検索  SANARI PATENT
知財および知財関連商品を含めて、国際流通拡大の情勢下、不公正貿易と目される取引行為も漸増する。これらに適切に対処する取組が重要である。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・通商政策局通商機構部および国際法務室)によれば経済産業省は昨日取り纏めた不公正貿易報告書に基づき、新たな取組方針で対処していく。経済産業省の上記報告書には、中国における日本製ファイバー母材に対する措置、銀行業IT機器セキュリティ規制、化粧品ラベル規制、化学物質規制、インドネシアにおける外国企業の参入障壁となる玩具規制、フィリピンである未加工鉱石に対する輸出規制、イスラエルにおけるタイヤ規制、エクアドルにおける自動車輸入総量規制、マレーシアにおけるフラットパネルディスプレイ関連などが搭載された。
SANARI PATENT所見→この課題を契機として、関税評価に関する現下の問題点、中国レアアース問題、補助金協定、鉄鋼業界のグローバル過剰生産能力など、伏在する国際経済環境の問題点に対応の深化が求められる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月27日 (水)

トッパン・フォームズにおけるIT活用の「攻めの経営」

今次経済産業省・東証共同選定銘柄として
弁理士 佐成 重範  Google 検索  SANARI PATENT
東証上場企業のうちから、収益の拡大や事業革新のため積極的IT
投資とその活用に取組んでいる企業を経済産業省と東証が共同選
定する銘柄だが、今次18銘柄選定で、印刷業界からトッパン・フ
ォームズが選定された(2015-05-26)。SANARI PATENTに着信した経
済産業省発メール(担当・商務情報政策局情報処理振興課)によ
ればトッパン・フォームズのIT活用と成果を次のように評価して
いる。「複数ブランドの電子マネーなどに対応するクラウド型の
決済プラットフォームを構築し、電子マネー事業者やアクワイア
ラー、小売店などの販売事業者に提供している。このプラットフ
ォームは、電子マネーシステムの導入に関するインフラコストの
負担を軽減すると共に、高度の拡張性を具備し、IT活用により、
システム利用料や関連端末の販売収入などの在来ビジネスモデル
と異なる新たな収益源を創出している」「ビジネスフォームメー
カーというトッパン・フォームズの在来の姿から、データプリン
ト・サービス、更にその周辺を取り込んだビジネスプロセスアウ
トソーシング提供企業への変革を推進すべく、プライベートクラ
ウドなどの新たな技術による基幹システムの再構築や、最新鋭の
データセンタ構築など、ビジネスの拡張性と信頼性の向上に取組
んでいる」「ワークスタイル変革のため、端末の仮想化やモバイ
ル端末活用を推進する」。
SANARI PATENT所見→トッパン・フォームズは今次選定で{その他
製品」業種のうちから選ばれているが「その他」を遥かに超える
全業種総合的な影響力を潜在潜有している。なお、本日の、B
Site: http://sanaripatent.blogspot.com もご参照。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月26日 (火)

日本アセアン知財共同声明、知財協力の深化

わが国現地法人増加数も著増、アセアン経済共同体実現へ
弁理士 佐成 重範  Google 検索  SANARI PATENT
シンガポール・タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン5
国計におけるわが国海外現地法人の増加数が中国におけるそれを
上回るなど、アセアン諸国がわが国企業の今後の事業展開先とし
て益々有望視される折柄、SANARI PATENTに着信した経済産業省発
メール(担当・特許庁総務部国際政策課および特許情報室)によ
れば特許庁は、アセアン各国特許庁長官会合において(奈良市で
開催)日本アセアン知財共同声明を採択し(2015-05-25)、今年度
の知財分野の協力プログラムを策定すると共に、知財協力の深化
を通じて、アセアン経済共同体の実現に貢献することを確認した
。なお本日、奈良市において、アセアン特許庁シンポを開催する
SANARI PATENT所見→アセアンとの貿易・投資の円滑化やイノベー
ション・技術移転を促進すること、日本企業がシンガポールやフ
イリピンなどの特許出願状況を容易に把握でき、権利取得を容易
にするなど、双方の利益増進に寄与すること確実である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月25日 (月)

日経平均2万394円に続騰のもと、マルハニチロ海外展開好感で年 初来高値

冷凍技術革新のマルハニチロの強み、内外水産物流
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT 日経平均続騰で、特にマルハニチロは年初来高値1954円(2015- 05-25前場)、1月安値1661円の17.6%高に及んだ。既にマルハニ チロは「水産最大手。国内に強固な流通網を持つ。畜産や化成品 も手掛ける」と特色付けられ(会社四季報)、「タイ中心に海外事 業順調。2016年3月期は前期に子会社化した豪州漁業が通期寄与 。冷食も復調し、原料難だった北米も好転」(同)と高評価されて いる。価値「チルド商品の新設に続き、冷食の新工場、海外工場 増強も目論む。2014~2017年に系750億円投資予定」(同)と積極的 発展。
SANARI PATENT所見→マルハニチロの冷凍技術開発が水産品流通の 内外展開に量的質的に極めて大きく寄与している。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月24日 (日)

生活習慣予防基本法案の社会経済・知財革新的意義

生活習慣予防基本法案の社会経済・知財革新的意義
高血圧・糖尿病・癌・認知症を生活習慣病として予防する重大意
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
医療費費や介護費の際限ない増大が経済社会の建設的発展に必要
な予算を圧迫し、青壮年の所得から公的福祉保険費の著増負担額
を奪って、将来設計の所要費を圧迫していることは明白だから、
生活習慣病予防基本法案の超党派提案が一部に報道されているこ
とは極めて注目すべきである。同時に、これによる予防措置の実
践は、それが本格的に行われるときは、医療・介護・製薬・食品
・嗜好品業界の市場に、少なからぬ影響を及ぼすことは必至であ
る。例えば成年者における糖尿病予防は、肥満判定指数BMIの25以
下、カロリー摂取の一日平均1800キロカロリー未満、含水炭素摂
取量の局限など、高血圧症の予防は上記の加えて食塩1日9グラ
ム未満、毎日万歩目標、禁煙、節酒などだが、その励行が糖尿病
や高血圧病の予防に役立つことはエヴィデンスも示すところなが
ら、飲食業界、医薬品業界の業容と知財開発に、予防の実効に対
応して影響をもたらすことは必至である。
SANARI PATENT所見→スカイツリーでの展望1億人超がわが国の技
術と経済を誇示する足元で、ツリー天ぷらやマンモスケーキの巨
大は生活習慣病予防の禁忌だが、生活習慣病予防基本法案の含意
は、これら現象の到るところに及ぶものであることにも、想いを
馳せるべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月22日 (金)

安倍総理「質の高いインフラパートナーシップ」を発表

国際交流会議「アジアの未来」において「質の高いインフラ投資
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
東京都で開催(2015-05-21)された「国際交流会議・アジアの未来
」において安倍総理は、「質の高いインフラパートナーシップ」
を発表した。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当
・貿易経済協力局通商金融経済協力課)によればその概要は、東
南アジア、南西アジアひいては中央アジアに至るまで、アジア地
域が潜在力を開花させ、21世紀の世界経済を牽引する成長センタ
となるには、膨大なインフラ整備と、そのための莫大な資金が必
要であり、わが国は、機能を強化したアジア開発銀行と連携して
、今後5年間で、従来の30%増となる約1100億ドルの「質の高いイ
ンフラ投資」を、アジア地域に提供するというものである。
SANARI PATENT所見→これを支えるのは、日本の経済協力ツールの
総動員、アジア開銀とのコラボ、リスクマネーの供給著増、高質
インフラ投資の国際標準としての定着である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月21日 (木)

経済産業省が募集開始(随時受付)、知財ビジネス評価書作成支 援事業者

金融機関が知的財産による対中小企業融資を円滑化すべく
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
国際収支、GDP上昇率、製造業の国内回帰など日本再生の曙光が見
えてきた折柄、中小企業の融資申請に対して金融機関が判断する
際に、その知的財産の価値をどのように評価すべきか、グローバ
ルなイノベーション環境のもとで直面する課題が多い。従って、
中小企業の知的財産の価値評価書作成を支援する事業者の確保が
先ず緊要である。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(
担当・特許庁総務部普及支援課)によれば経済産業省(特許庁)
は、中小企業の知的財産の価値を「見える化」することにより、
金融機関からの融資につなげるための取組である「知財金融促進
事業」を開始する。その事業の一環として、中小企業の知的財産
を活用したビジネスを評価する「知財ビジネス評価書」の作成支
援の公募を開始する。応募は随時受け付けるが、採択予定件数に
達し次第終了するから、急遽応募が望まれる。
SANARI PATENT所見→独自の知的財産を保有・開発・活用して国内
外に事業を展開し、また展開する意欲ある中小企業が多いことは
周知で、金融機関の融資適格性判断を基礎づけ得るような、知財
の客観的評価の明示(見える化)が緊要である。知財の範囲は創
作権・識別子権・ノウハウと共に、知財基本法のコンテンツに及
ぶことが適切であり、また、知財の定数的評価(価額評価)にこ
だわることは必ずしも適切でなく、的確な定性的評価の在り方を
、この際、確立すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月19日 (火)

新市場創造型標準化制度を活用した標準化案件を、初めて決定

液体用高機能容器、自動車用緊急脱出ツール、蛍光式酸素濃度計
など
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
標準化は、市場での信頼性向上や差別化を通じて、新技術を用い
た市場創出に大きな効果があり、特に中堅・中小企業にとっては
、戦略的な標準化が重要だが、SANARI PATENTに着信した経済産業
省発メール(担当・産業技術環境局基準認証政策課)によれば経
済産業省は、同省の日本工業標準調査会の議を経て、中堅・中小
から提案があった5件について、新市場創造型標準化制度を活用
し、標準化することを決定した。決定テーマは、新潟県・(株)
悠心の「液体用高機能容器」、埼玉県・(株)ワイピーシステム
の「自動車用緊急脱出ツール」、東京都・(株)オートマチック
システムサーチの蛍光式酸素濃度計、大阪府・(株)竹中製作所
の「高機能性塗料による表面処理方法」、東京都・(株)レノバ
の「プラスチック再生事業の生産プロセス指針」の各標準化・開
発である。
SANARI PATENT所見→中堅・中小企業の優れた技術や製品の標準化
による新たな市場の創出に繋がる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月18日 (月)

商と工とコラボの独自モデル・蝶理の増益基調とインドネシア染色合弁始動

蝶理、インドで医農薬中間体展開計画、3国間取引も拡大

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT

売上高海外比率が過半の蝶理の場合、為替動向による部門別業績 動向はどうか。野村IRの紹介でその資料が届いた。既に蝶理は「 繊維商社の老舗。業歴67年。東レ子会社。化学品事業を加え事業 拡大。中国では化学品や機械など事業展開。海外比率51%」と特色 付けられ(会社四季報)、「増益基調。繊維は製品・素材とも円安 で採算低下だが、化学品が円安を追風として輸出を拡大。2016年 3月期は医薬関連が伸長し、化学品好調。繊維も、機能性素材や 東南アジアでの3国間取引が拡大、生産合理化の進展で採算改善 し、営業増益基調続く」(同)と高評価されている。加えて「イン ドネシアの染色合弁始動。インドに現法設立し医農薬中間体中心 に鉱業薬品等にも展開計画」(同)と発展性顕著である。貿易取引 の比重・構成比は2015年3月期80.3%で、前期79.8%から続伸して いる。 SANARI PATENT所見→「商」と「工」を追求する独自のビジネスモ デルを展開し、原材料調達・織り・編み・染め・縫製の各プロセ スで商流コラボを生み出すと共に、オリジナル商材の開発も展開 しているが、このビジネスモデルが、太陽光発電などの環境、機 能性食品添加物等の健康関連など、拡大領域においても内外で発 揮されることを期待する。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月17日 (日)

京阪神ビルディング(株)のオフィスビル・商業ビル、東京圏志 向の必然性

東京都心再開発の複合拠点と、大阪梅田との対比
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT 東京の国家戦略特区とオリンピックとで、都心の新規ビルプロジ ェクトが続出している一方、大阪では梅田地区への集中が顕著で ある折柄、野村IRの紹介で京阪神ビルディングの資料が届いた。 既に京阪神ビルディングは「住友系。データセンタ、場外馬券売 場、オフィスなど大阪府内物件が全売上高の8割を構成」と特色 付けられ(会社四季報)、「連続最高益。オフィスは、2014年5 月に取得した東京・府中の新規ビルが上乗せ。既存ビル賃料も底 打ち。2016年3月期は府中が通期化。既存オフィスビルの稼働率 向上」(同)と高評価されている。今次資料において京阪神ビル ディングの事業展開方針は「オフィスビルの地域ポートフォリオ 分散の観点から、東京を中心とした首都圏エリア、地方中核都市 への投資」、「商業ビルについて大手小売企業とタイアップし、 首都圏や地方中心都市の商業中心地のターミナル駅に近い都市型 商業ビルを取得」と、方向性を明示している。 SANARI PATENT所見→大阪のオフィス供給に変化があり、梅田人気 に拍車が懸っている観は、東洋経済誌も詳報しているが、同誌も 、「大阪他地区のオフィスニーズを取り込む形での梅田一極集中 の流れれだが、オフィス供給減少に代わり、大阪の中心部で増え るのがマンション開発だ」と考察し、東京都心再開発バブルの活 況と対比させており、空室率の現況やオフィス・商業施設拡大の 規模から考えても、京阪神ビルディングの東京都圏志向は必然的 と考える。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月16日 (土)

委託研究開発における知的財産マネジメントの運用ガイドライン を策定

プロジェクトごとに適切な知的財産マネジメントの実施を期待、
経済産業省
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
経済産業省の予算により経済産業省または経済産業省所管独立行
政法人が委託実施する研究開発について、ガイドラインを明示し
、今年7月1日から適用されるが、SANARI PATENTに着信した経済
産業省発メール(担当・産業技術環境局技術政策課)によれば、
このガイドラインは、成果の事業化の重要性など基本的な考え方
を明示すると共に、プロジェクトごとに、その開始前から終了後
に至る知財関連の業務手順を定めるべきことなどを提示する。
SANARI PATENT所見→成果を事業化に結び付けるため、想定される
パターンごとに、参考となる知財の柔軟な帰属の在り方や活用方
法などを提示するもので、実務上、即有用有益なガイドラインで
ある。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月15日 (金)

日本が誇るべき、優れた地方産品を世界に伝えるThe Wonder 500

来る18日から6月12日まで公募、経済産業省の運営事務局で詳細
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
日本各地には、グローバルに購入・体験を得る可能性を秘めた、
ものづくり、食、観光などの地方産品、すなわち多様なふるさと
名物があるが、海外における販路や情報発信・PRを成功させるに
は、様々なハードルがある。従って、SANARI PATENTに着信した経
済産業省発メール(担当・商務情報政策局生活文化創造産業課)
によれば経済産業省は、リヴァンプを運営事務局として、来る18
日から6月12日まで、該当産品を公募し、選定審査を経て、今秋
9月上旬までに500産品を選定し発表する。
SANARI PATENT所見→経済産業省と、その関係機構を動員するグロ
ーバル普及の対象としてこれら名物が選定されることとなり、地
域創生、ひいては日本産業再興の有力な起点となる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月13日 (水)

日本アジアグループ(株)の堅調、航空測量が分野拡大

東京駅周辺の高精度測位事業にも参画
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
日本アジアグループの資料が野村IRの紹介で届いた。気宇広大
な社名の東京マザーズ銘柄だが、創業27余。既に同社は「測量・
不動産・金融が三本柱。太陽光発電を育成中。主要子会社である
国際航業を2012年に完全子会社化」と特色付けられ(会社四季報
)、「堅調。太陽光関連が稼働施設の増加で順調に拡大。営業増
益。株売却益あり。2016年3月期は太陽光関連が引続き牽引。主
力の航空測量は、防災など震災復興関連以外の分野が増大し、成
長が続く」(同)と高評価されている。加えて「東京駅周辺の高
精度ワーキンググループに参画し、東京オリンピック時の実用化
に照準。発電効率が高い小規模水力発電も、収益柱として育成中
」(同)と前途大望である。
SANARI PATENT所見→日本アジアグループ自体は「地球規模でグリ
ーンコミュニティ創りに注力する「空間情報コンサルティング事
業」「資産価値の向上と環境価値の創出を実現するグリーンプロ
パティ事業」「自ら事業態として、また受託開発を通じてのグリ
ーンエネルギー事業」および「産業と社会に資本うぃ供給するフ
ィナンシャルサービス事業」の4本柱を掲げ、ノウハウに蓄積と
創意の活発を顕示しているが、それが着実に実績を収めつつある
ところに、前途堅実性が認められる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月12日 (火)

経済産業省、薬事・食品衛生審議会の薬事分科会等を来る22日に

新規化学物質審査の企業秘密性と消費者保護性
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
食品薬品は従来、化学物質とバイオ産品との双方から成り、後者
の比重が特に薬品について高まりつつあると共に、前者の比重が
、添加物として高まりつつあり、いずれにしても、化学物質とし
てはその安全性確保が経済産業省の所掌下にあるが、SANARI
PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・製造産業局化学物
質管理課化学物質安全室)によれば経済産業省は、平成27年度第
2回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策対策部会
化学物質調査会、化学物質審議会第147回審査部会、第154回中央
環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会(SANARI PATENT注
:実質合同で開催と解する)を来たる22日に同省で開催する。
新規化学物質の審査を行うため、企業秘密保護の視点から、この
会議は非公開としているが、議事については開催後、議事要旨を
公開するとしている。
SANARI PATENT所見→薬品化学物質の安全性については、閾値や複
数競合性と共に、その副作用(有害事象)のリスク・ベネフィッ
トバランスが益々活発に議論されつつあるが、食品についても、
「食品添加物や加工食品に多く含まれる燐が老化を促進し、寿命
を縮めている」(藤田絋一郎医博の近著に引用)等々、化学物質
の安全性に対する危惧が高まりつつあり、経済産業省の関与責任
は極めて重大である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月10日 (日)

津金昌一郎医博(国立がん研・予防検診研究センター長)論旨

「癌検診の利益と不利益」論、その欠落点
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
著名人の癌死報道頻発に加えて、癌余命宣告された夫が妻の婚活
に励む愛情ドラマがNHK放映開始など、癌をめぐる医師その他
のジャーナルもベストセラー続出だが、その予防ができれば何よ
りで、慶應大学医学部卒の標記医博の最近著「最新がん予防法」
も、国立がん研部長の地位価値と相俟って、熱讀されているよう
である。特に「がん検診の利益と不利益」と見出した詳説は熟読
すべきであるが、それらの論考の結論部分で、「今後のがん検診
と題し、次のように述べている(SANARI PATENT要約。
「現在の癌検診には、利益も不利益もある。その一番の利益は、
早期発見により癌死を防いだり、小さな侵襲で治療できることに
より、その後のQOL(生活の質)を高めたりする効果があることで
ある」「現在、集団的に行われることが多い癌検診だが、今後は
患者の生活習慣、身体状況に沿った個別化が進捗するのではない
か」「すなわち、示されている日本人の癌罹患・死亡確率は平均
値だから、それを、リスクが高い人とそうでない人に個別化して
、結果的に無駄に終わる予防や検診の無駄を少なくしていくこと
が、今後の在り方である」。
SANARI PATENT所見→津金(つがね医博・癌研部長の結論中に「現
在の癌検診には利益も不利益もあり、一番の利益は、早期発見に
より癌死を防いだり、小さな侵襲で治療できること」とあるが、
この、「発見ができるかどうか、どの程度まで検査を深化・続行
すれば正確に発見できるのか」、すなわち、検査自体の体力侵害
がどの程度か、まで患者が認識し、「検査の不利益」(治療の要
不要面で、現状においては意味がない検査など)との対比は、結
局、患者本人の個別責任においてなすべきである」との記述を欠
くことである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月 8日 (金)

今日、年初来高値108銘柄、うち三菱商事と双日

今年初安値に対して、三菱商事32.5%、双日41.7%アップの株価
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
わが国民の堅実性が資金運用の株式比率低位やベンチャー起業過
少に反映しているが、今日の年初来高値上場銘柄108のうち、原油
価格反騰などのグローバル情勢変動が注目された総合商社(株)で
、三菱商事が32.5%高(今日高値2650円/1月安値2000円)、双日
71.7%高(今日高値261円/2月安値152円)を見ると、回顧的には
投資魅力を感じたことだろう。わが国に対するグローバル評価は
、観光価値が急上昇した一方、ベンチャー起業の件数や意につい
ては自他ともに低評価で、例えば米国一部で干ばつが深刻と伝え
られれば、「水無し洗濯機(実際は水89%カットの模様)」がオゾ
ン利用により開発され、クリーニング無用の新ジーンズ新流行な
ど(WBS)、開発と起業が続出するのと対照的である。
SANARI PATENT所見→三菱商事が今日発表した2015-3期の純利益は
4006億円で、対前年度(3614億円)比10.8%増、双日は昨日発表し
たが純利益377億円で対前年度321億円の17.4%増だが、プラントや
航空機関連の好調が見られ、今後もその趨勢継続が期待される。三菱商事系のロイヤリティマーケティングなどが東電と業務提携してポイントと電力料金支払いを結びつける基本合意(朝日紙)なども、大企業の創意続出として歓迎する。
(訂正のご要求等は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月 5日 (火)

業歴約70年、文具新製品に創意発揮で個人・海外に発展

(株)リヒトラブの安定配当、予想利回りの対投資家魅力
 
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
(株)リヒトラブの総会通知が届いた。堅実な中堅企業の見本とも
いうべき企業で、既に「事務用品中堅。主力ファイル類に加え、
収納整理用品等を製造販売。文具の新市場開拓意欲旺盛。業歴67
年」と特色付けられ(会社四季報)、「2016年2月期は収納整理
用品で、机上台、机下台やバッグ類が牽引。穴のピッチ幅狭い独
自ノート群はシリーズ拡充が奏功。円安を反映した値上げも浸透
。ベトナム工場の効率改善や材料の内製化も貢献。予想配当利回
り2.72%」と高評価されている(同)。加えて「高級品は、デザイ
ンに特徴あるファイルやノートの高級品に新製品群を投入。代理
店を開拓し、北米や豪・中国など向けの輸出を拡大」(同)と発
展性も旺盛である。今次総会では、「ユーザー視点に立った機能
的・斬新な製品を開発し個人需要の開拓を更に進めると共に、海
外市場開拓を高速架する」としている。
SANARI PATENT所見→2タイプポケットクリヤーブックやキングレ
スバッグなどの機能・デザインの創出は、個人生活の合理化・豊
かさから更に、個人ビジネス普及の進展にも寄与すると考える。
海外でも、この方向性は顕著に展開している。基本的に地味な業
態で永年安定経営し、予想配当利回りが長年維持されていること
は、預金金利の極低低迷が日銀総裁発言で確認される折柄、一般
投資家や企業年基金などの堅実志向ファンドの長期投資適格性を
示している。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月 3日 (日)

高島屋とユザワヤのコラボ、「百貨」網羅性の質的高度化

所得格差、趣好多様化、散在専門店の不便度増大の解決
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
高島屋の総会通知が届いた。「訪れて楽しい空間」と「気持ちの
良い時間」を提供する「街づくり」と「高島屋のブランド価値を
高める品揃えの特徴化に取組んできた」と冒頭に述べているが、
旧来の高島屋路線以上に、外国人訪日客の著増と多購買額とが、
免税対象の拡大によって一層刺激され、売上高の増勢に寄与して
いることが、一般には印象深い。しかしSANARI PATENTが高島屋に
期待するのは、ユザワヤとのコラボにより実現している真の意味
での「百貨」充足である。ユザワヤが刺繍・縫い物・革細工など
の手芸品すべてについて、布・糸・ボタン・フザスナー等々の、
贅沢品から安価実用品に至るまで、極めて豊富に品揃えしている
ことは、あらゆる所得層のあらゆる嗜好に適合できる新および意
味での「専門百貨」店であるが、このユザワヤと高島屋がコラボ
しつつあることにより、顧客は高島屋入店の満足度を一躍高め得
る。
SANARI PATENT所見→民放の「たけしのニッポンの見方;なぜ大繁
盛!」番組が、「お受験専門店」「玉石専門店」などの繁盛振り
を紹介しているが、高島屋が、これらとコラボブランドこと、ユ
ザワヤと同様にすれば、双方の繁盛と、顧客利便に適合すること
、必至である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

2015年5月 1日 (金)

農業ドームと建築基準法の関係を明確化、経済産業省

農産革新を起動する農業ドームの展開を促進
弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
6次産業が「2次産業・農業*3次産業・工業」の直結融合とし
てわが国地域産業を創出する以上に、べき乗産業ともいうべき「
農産の工業化」は、わが国産業の革新を根幹から促進するもので
ある。その端緒をなす農業ドームと建築基準法との関係について
、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・地域経済
産業グループ地域経済産業政策課)によれば経済産業省は、産業
競争力強化法に基づく「グレ-ンゾーン解消制度」について、経
済産業省所管の事業分野からの照会に対して、関係各省とも協議
し、「照会があった農業ドーム、すなわち、特殊ポリスチレンを
活用した組み立て式農業ドームの販売について、通常の屋内的用
途に供さず、その天井部が取り外し自由である場合など、建築基
準法上、屋根とまなされないと判断される場合は、建築物ではな
いと解して支障ないとの回答を示した。
SANARI PATENT所見→これにより今後、省エネ・耐久性等に優れた
特殊発泡ポリスチレンを活用する農業ドームの普及が進み、生産
性の向上とコスト低減による農業経営の収益性向上の実現が期待
されているが、SANARI PATENTは更に、その効果が農産の高度工業
化に進展し、乗算の6次産業以上に、べき乗産業として「農産工
業化」が全面化することを切望する。
(訂正のご要求等は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »