最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 治験の支援と受託、総合医療サービスへ総合臨床ホ-ルディング ス展開 | トップページ | 今日前場、日経平均2万円超の局面、江崎グリコなど年初来高値 銘柄268 »

2015年4月10日 (金)

病院等での胎児4Dパッケージ商品について振興措置

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
病院等において医師等の有資格者により胎児の4D画像(3D超音
波画像に時間の要素を加え、母体内で胎児が動いている様子など
をリアルタイムで確認できる画像)を撮影し、また、その撮影状
況自体を撮影するほか、胎児に対するメッセージを取材・記録し
たものを、メモリアルパッケージとして商品化し、広告・販売提
供するサービスは、マタニティ関連業界の進行に繋がるものと認
識され、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商
務情報政策局サービス政策課)によれば経済産業省は、厚生労働
省と共に検討した結果、これに対する規制の有無を、産業競争力
強化法に基づくグレーゾーン解消制度により、適用なしと、対照
会回答した。
SANARI PATENT所見→上記記述も、一般消費者にはゴタゴタした観
があろうが、行政の新たな手法として、規制緩和の個別認定によ
り振興を図る、いわば、行政のビジネスメソッドの一つとして評
価すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 治験の支援と受託、総合医療サービスへ総合臨床ホ-ルディング ス展開 | トップページ | 今日前場、日経平均2万円超の局面、江崎グリコなど年初来高値 銘柄268 »