最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日本経済の新展開を目してシステム開発の活況、キューブシス テムに見る事例 | トップページ | トヨタ自動車㈱を、燃料電池自動車・世界技術規則対応の容器等 製造業者登録、経済産業省 »

2015年3月21日 (土)

地域振興の地熱発電、経済産業省の新年度補助対象

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
再生可能エネルギーの開発が環境保全や地域振興と一体化できれば、実に好ましい。SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール
(担当・資源エネルギー庁燃料政策企画室)によれば経済産業省は、「地域と共生する地熱利用によりに向けて」「平成27年度地
熱開発理解促進関連事業支援補助金の公募を開始した(2015-03-20)。地方公共団体や温泉事業者などが行う、地熱の有効利用を通
づる地域振興事業を支援する補助である。発電時のCO2排出量が略ゼロであり、環境適合性に優れた地熱発電において、理解促進の
事業を補助する。補助対象地域は、現に地熱資源を開発している、または今後の開発を予定している地域と共に、既に地熱発電所
が立地している地域の事業も含む。対象事業者は、地方公共団体・温泉事業者・第三セクタ・地熱開発事業者などで、理解促進の
ソフト・ハード事業を行う者である。補助率は10/10の定額補助で下限は百万円。
SANARI PATENT所見→新年度予算成立前に公募開始は異例だが、速やかな事業開始への経済産業省の熱意が窺われる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)
 

« 日本経済の新展開を目してシステム開発の活況、キューブシス テムに見る事例 | トップページ | トヨタ自動車㈱を、燃料電池自動車・世界技術規則対応の容器等 製造業者登録、経済産業省 »