最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« アサヒグループ(食料品)、東レ、ロート製薬など22社、「健康 経営銘柄」発表、経済産業省 | トップページ | Web型電子カルテのスフトマックス、東日本の重点開拓で全国展開 »

2015年3月28日 (土)

業例80余年、丸三証券の現経営計画、主軸投信増を前倒し達成

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
東洋経済誌の紹介で丸三証券の資料が届いた。トレードの方法や
ダイワMRFについて極めて明瞭・精緻・懇切な説明で、取引関係の
法的堅実性を十分に知得できる。既に丸三証券は、「対面営業主
体だがオンライン取引を強化。投信の堅実販売を主軸に置く。独
立系。日本生命と親密」と特色付けられ(会社四季報)、「答申
堅調。信託報酬増。預かり資産が着実に増」と高評価されている
。加えて「現経営計画の投信残高目標は前倒しで達成」(同)。
SANARI PATENT所見→丸三証券は設立82年の業歴を経て、上記の資
料にも見る完璧性を練磨してきたと考察する。SANARI PATENTは60
年余にわたり、資産の運用を専ら野村證券に依存しているが、丸
三証券の規定や説明の緻密度は、野村證券同様と評価され、世界
金融市場の大拠点たるべき東京の本社立地に立脚して、グローバ
ル証券業界における今後の活動態様に刮目する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« アサヒグループ(食料品)、東レ、ロート製薬など22社、「健康 経営銘柄」発表、経済産業省 | トップページ | Web型電子カルテのスフトマックス、東日本の重点開拓で全国展開 »