最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヤマトロジスティックベトナム今月発足などヤマトホールディ ングスの海外進出本格化 | トップページ | J-POWER、大間原発・風力発電・タイ火力など国内卸・海外供 給に比重高まる »

2015年2月25日 (水)

低侵襲癌診療装置開発プロジェクト基本計画案にパブコメ募集 、経済産業省

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
癌はわが国における死亡率のトップを占め、今や日本人の3人
に1人は癌で死亡しているばかりか、生涯で癌に罹患する確率
は2人に1人とされている。さらに、世界の癌患者も増加して
おり、国際癌研究機関によれば、2012年に新たに癌と診断され
た患者は世界で1400万人、20年後には2200万人に増加の見込み
と報じられている。このような状況のもと、SANARI PATENTに
着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局医療福祉
機器産業室)によれば経済産業省は、「未来医療を実現する医
療機器システム開発事業」の傘下において、「低侵襲癌診療装
置開発プロジェクト基本計画案」を策定したので、これに対す
る意見を3月23日提出期限で公募する。
SANARI PATENT所見→この基本計画案には、癌の診断・治療に
関する現況が経済産業省案の立場で集約されており、国民全て
が癌罹患の可能性を認識し、事前事後に的確な対処をするため
にも、必読である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« ヤマトロジスティックベトナム今月発足などヤマトホールディ ングスの海外進出本格化 | トップページ | J-POWER、大間原発・風力発電・タイ火力など国内卸・海外供 給に比重高まる »